第60話 依存症者の告白(60)

「大雨・洪水警報が発令されました。ご注意ください…」

 町に、録音された声が響く。

 為政者は、高台の頑丈な住居から下界を眺め、

(自然災害は仕方ない)

 と考える。


「パチンコ依存症によるとみられる自殺者が、年間○○万人を越えました」

(勝手にやって、勝手に死んで、世話ないね)

 パチンコをしない民は無関心。


 他の理由による自殺者にも、交通事故にも、殺傷沙汰にも、基本的には「どうでもいい」。

(自分に降り掛かってこない災難は、災難じゃないからね)


 しかし、


〈机の右端を叩けば、遠い左端に立ったものが倒れる。世界は、そういうふうに繋がっているのだ〉


 眼に見えない、微かな震動を感じよう。想像から、思いを馳せよう。感じ、考え、感じ、考えを繰り返そう……たとえ形にならなくても、その震え、何かに繋がっていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます