ウツツな異世界

亀井雪久

第1話 ある依存症者の告白(1)

 そこは、唯一の私の居場所だった。学校は行きたくなかったし、バイトもしたくなく、親のいる家にも居づらかったから。

 子どもの頃から老けて見られたこの顔も、私がその場所に入るのに大いに貢献してくれた。悪いことをいっぱいしてきた人生も、こういう容姿をもって産まれてきた自分としての、必然の運命だったように思う。

 いや、容姿に罪もへったくれもない。この顔を、その場所に行くのに利用した、私のあこぎさが悪いのだ。


 オトナは会社に行き、コドモは学校に行くもの──これは私の中の「社会通念」だった。会社と学校。ヒトには、それぞれに所属先があるらしいのだ。けれど、そこに所属できない自分は、全くどうすればよかったのだろう?

 やくざにもなれず、自殺もできない中途半端な人間。宙吊りのままでは苦し過ぎた。


 〈社会なんて幻想で、それが己にもたらす苦しみも幻想だ。自分でつくっている想像物にすぎない。しかし、人間には幻想が必要なのだ〉


 初めてそこに行ったのが、高校1年の夏休み。ぶらぶら町を歩き、汗だくになりながら、駅前の店に入った。客もまばらで、私はドキドキしながら適当に台を選んで座った…1万円札を、両替機で千円札、500円硬貨に両替して。

 打ち始めると、何やらハネが開き、その中にあった何かが玉を拾い、Vという所に入った。「当たり」だった。ハネが開き、閉じを繰り返し、開いている間に、そこに玉を多く入れると良いことが分かった。


 ジャラジャラと玉が出てきて、細長い、MDケースのような箱がすぐ一杯になった。店員を呼ぶ勇気がなく、自分で空き箱を用意した。

 そのまま打ち続けたのは、「お金に代える」のが何か悪いことをする感じがしたのと、その仕方を知らなかったからだ。何より、お金よりも、私の目的は時間をつぶすことだったのだ。


 意外と簡単に当たること。当たった時の快感。そして集中して玉を打っていると、ふだん抱いている将来への不安が薄らぎ、「今この瞬間だけ」に生きることができること──を知った私は、新しい体験と発見に満足して店を出た。


 今自分のするべきことは、こんなことじゃない。高校にチャンと通うか、それができないなら働くなり、ハッキリとした道を進まなくちゃ。

 そう思っても、一体自分が何をしたいのか、どうやって生きて行こうとしているのか、何のイメージもビジョンも、全く無いのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます