花と頭蓋

作者 夏野けい

388

135人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まこと美しき短篇です。

思考を吐かねば、書かねば死ぬ奇病。共にある男女の機微。始終忍び寄る澱んだ気配……。
どれもこれもに興味を唆られ、それを表す悍ましさと美しさの同居した言葉選びに、ただただ感嘆させられます。
嗚呼、望まれぬ悼みの美しきことよ!

形にならぬ花、咲けずともその枝葉は心を覆い。
忘れ得ぬ花は、彼に根付いて朽ちることはないでしょう。
この感慨と感傷、ぜひご賞味あれ。

★★★ Excellent!!!

再読した。
前回Twitterで感想を述べたものの、実際にこの作品の良さや魅力を言葉に出来ていなかったというのが正直なところ。もう一度読んで、改めて感じたことを言葉にしたいと思い、レビューを書くことにした。

この作品を読んで強く脳裏に焼きついた景色はラストシーンの花と青空だ。描写はもちろん美しいが、それだけじゃない。ドラマが景色を強くした。ラストシーンの桜と青空を美しく見せているのは、束田の混沌とした感情と儚い彼女の存在が織りなす、ドラマがあってこそだ。

「最愛の人が死ぬかもしれない」という前提のもと一緒に暮らす束田。生活の中で彼は憧れ、不安、甘美、罪悪、希望、絶望などさまざままな感情を抱き、それらはぶつかりあい、渦を巻く。二人のささやかな日常を、我々はただ見ることしかできない。束田の胸の痛みは共有しながらも、何もすることができない。

坂島先輩の死はゆるやかに進行し、束田は強く強く彼女の生を願う。二つの力が引っ張り合い、力が大きく激しくなりそれが解放されたとき、ラストに桜と青空が描かれるのだ。美しい絵はドラマティックな、感情を揺さぶるワンシーンに昇華した。

この作品には、美しさの中に気迫がある。作者の芸術に対する、激しさや畏怖が表現されている。さらっと読むのではなく、ぜひじっくりと読んでほしい。読後感まで味わいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

頭蓋の内側に巣食った物語を吐き出したい。その衝動を理解できる人になら、この物語はきっと心に刺さります。そして小説を書くことに取り憑かれた皆さまは、誰しも頭蓋に花を宿していると思うのです。
書くことの苦しさと残酷さに真摯に向き合ったこの物語は、私の心に突き刺さりました。
ご一読をお勧めします。

★★★ Excellent!!!

Web小説で久しぶりにここまでの美しい文章と出会えただけでもうれしいのに、それが幻想的で切ない恋物語だということで、なおさら気持ちが高まりました。ヒロインの書くことに対する切実な想いと、主人公の純朴さがこの物語の太い幹を作り、そこに可憐な花が咲いていると感じました。たしかな表現力と文章力を感じさせながらも、そこに安易に溺れることなく、ストーリーをきちんと完結させる。誰にでもできることではないと思います。久しぶりにいい作品と出会えた幸運をしばらく噛み締めたいです。

★★★ Excellent!!!

 筆力が違う。一目見た時にそう思った。

 躍動感のある展開をしているわけではない。ジャンルは恋愛、燃えるような熱い展開も、危機一髪の状況でハラハラドキドキのスリルを味わう事もない。大きな山も深い谷もなく、淡々と物語は紡がれていく。それでも脳味噌に鮮明な映像を植え付けていった。

 発想力が違う。あらすじを読んでそう思った。

 花が人を殺す。文字を書き続けなければ脳味噌で美しい花が満たされてしまう。
 花が咲くのは「幸福」を暗に示す。そして、花が散ることこそが「死」を意味する。だが、この作品では花が咲くことにより「死」が訪れる。その発想力に鳥肌がたった。

 これほどまでに人を惹きつけるのも頷ける作品。短編を書かれている方や短編が好きな方は一度は読んでも絶対に損はしない。