花と頭蓋

作者 夏野けい

「一読あり」の意味

  • ★★★ Excellent!!!

この作家に共通するものがあるとすれば「切なる問いかけ」だろう。
それは「かなわなかった願い」であり「届かなかった思い」のなれの果てだ。
だからこそ根底には「拭えぬ怒り」が込められている、とも感じて止まない。

しかし読んだ通りと作中に「怒りは」恨み節としても、妬みとしても、コキ落とす優越感としても、描かれることがない。言い換えるなら及び腰と笑いに逃げ、ハスに構えて利口者とスカすことも、だ。
この正面から向き合う真摯な姿勢に、わたしは表現における「昇華」を見る。そしてその姿勢こそ「凄味」となりうるなら、それこそがこの作品における読む者を引き付けて止まない魅力の正体なのではないか、と考えるのである。

物語は文字を追うだけでも、話を理解するだけでもなく、時に書き手の内側を追うものでもある。
本作もまた、再認識させてくれる一作だと推したい。

などと力説が伝わらない方こそ、ご一読あれ。
あなたの中で何かが変わるかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー