戻ってきてしまった話【完結/単発】

作者 小日向葵

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夢落ちというものは、大概が「煮詰まってしまった物語を無理に終結させる」という手法で用いられる。もしくは「辻褄が合わなくなった展開をリセットする爆弾」にもなろう。
だがこれは違う。
彼は、すべてがうまくいっていた。
つらく、楽しく、充実した日々を送っていた。
きっと話の流れも、綺麗に進んでいたのだろう。

バッドエンドを帳消しにする力を、夢落ちは持っている。
――その逆も、然りなのだ。
これは、居場所を失い、自らをも喪ってしまった者のお話。

★★ Very Good!!

あらゆる物語は感動的・劇的なエンディングを迎える。そうあるべきとして作られるものだからだ。しかし、人生や日常は物語のようにはいかない。感動的な山場を越えたところで、先に続くのは平坦な日常だ。
痛快な異世界転生ファンタジーWeb小説としては「転生し、ハッピーエンドを迎えた先の物語」である本作は明らかな蛇足だが、生涯を描くというのならばこれは必要不可欠な失速なのだ。
可能なら、決して描かれることはないであろう彼の人生 / 転落の続きを見てみたいとも思う。