転生のアリス

作者 千石杏香

独特な世界観

  • ★★★ Excellent!!!

初の自主企画へのご参加ありがとうございます。
素敵な作品を拝読できて嬉しく思います。

まず面白い点として、転生という概念が存在するのに、転生前の記憶は乏しいという点が挙げられます。
通常は、転生前の記憶が何らかのイベントに関わってきますが、この作品にはその記憶があまりありません。
それどころか、転生前の自分について、半ば否定的であることも面白いです。
転生前の記憶がなければ、転生したという設定は無意味になってしまうのですが、小出しにされる転生の意味と、その重要さに釘付けになります。

また、文化が良いですね。
画像を貼り付けていることによってイメージしやすいです。
特に物質体等の説明は、非常に分かりやすくなりました。
また、独自の言語には驚かされます。
”?”が逆になっていることから、文字列を逆にして調べてみましたが、見つからず……
既存の言語ではないのか、またはさらに、ひとひねりしているのか分かりませんが、素晴らしいと思います。

投稿日が全て同じ日になっているのにはビックリしました笑

まだまだ導入部分だけですが、キリがいいので、ここでひとまず感想をコメントしようと思います。
拙い感想を読んでいただきありがとうございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー