百鬼夜行路、無理心中

作者 朝研(早蕨薫)

妖怪心中物語

  • ★★★ Excellent!!!

しっとりとした文体で紡がれる連作短編。
心中物というだけあって悲恋めいたストーリーが多いですが、だとしてもバッドエンドとは言い難い、むしろ美しさを感じる物語でした。
叙情的な世界観だけでなく、読み進めるにつれ全体像が明らかになっていく過程も見どころだと思います。
どこからか小唄が流れてきそうな艶っぽさも魅力でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

真山マロウさんの他のおすすめレビュー 40