ラノベを読んだら、ヒロインになってモブキャラに口説かれていた。

作者 春川晴人