君の残り香だけが僕の鼻腔をくすぐった

作者 君名 言葉