龍天のヴィアトレム 短編版

リューリュー

プロローグ 

 鉄の車輪がレールを走る音が響き渡る。暑さも和らぎ始めた季節になってきたとはいえ、昼過ぎの日差しはまだまだ強くまぶしい。

 心地の良い上下の揺れを感じることができた。窓の外に目をやると、なだらかな丘陵に牧草地が広がっている。その奥には尾根に雪を残した山脈が連なり、その霊峰ともいうべき巨大さから雄大な景色が広がっていた。列車はゆったりと、しかし確実に山を登り続けていた。時折山腹に家々に人々の暮らしが見える。黒羊たちの姿も見えた。羊飼いもどこかにいるのだろうか。鏡のように空を映し出している湖も見える。

多少無理をしてでも二等の席をとってよかったと、くすんだ金色の髪と、猫の耳を持つ男。アルは思う。腰のあたりから生えているしっぽも、だらんと座席に置かれている。向かい合いの座席には短い黒髪の少女がいた。

乗客はおおむね裕福そうに見えた。

 ある者はこれからたどり着く先のガイドブックを眺めている。

 またある者は寝息を立てている。紳士的な恰好だが、寝相はだらしない。しかし、それが許されるのも、この二等だからであろう。もう一つ下の三等は、人でごった返していて、風景を眺めるどころではない。自分の荷物を抱えているので精一杯だろう。中には車両に入らず、つなぎ目で本を読んでいる青年も見受けられた。

 一等車両のほうから、車掌がやってくる。右片方の目が眼帯で覆われていた。アルは二人分の切符を車掌に渡し、押印してもらう。

 アルは車掌に訊ねかけた。


「バジリスクですか?」


 車掌はちらりとアルたちを伺い、小さくうなずいた。


「ええ、あなたはビーストマン?」

「ネコ族のものです」

「なるほど。こちらのかたは……」

「友人です。私たちはエリアムスという国からやってきました」


 当たり障りのない会話を二、三交わすと怪訝そうな表情だった車掌は、納得した様子で笑みを浮かべた後、軽く会釈をし、離れて行った。

 列車の旅は順調。ゆったりした時間が流れて、眠くなくとも、この身を振動に任せてしまいたいと思ってしまった。

 しかしながら、それを許してくれないのが、アルの目の前にいる連れ合いである黒髪の少女である。その少女の名をエクスと言う。エクスはアルとは違い、顔の左右に耳がある。アルシレフ人の中のビーストマン種族のような獣の耳ではない。しっぽもない。

 エクスは退屈そうに、年頃の女子が好みそうな雑誌のページをめくりながら、時折アルのほうを見つめる。アルは気に留めずにコーヒーのカップに口をつけた。時間がたち、冷めてしまったが、猫舌である彼にとってはちょうどよい温度である。苦みと酸味が程よく効いていた。


「いつも思うのだけど」


 エクスが甲高い、しかししっかりした声を発した。雑誌はすでに閉じられ、無造作に、脇に置かれていた。アルは苦笑しながら雑誌を手に取り、自分の鞄にしまい込んだ。


「今の古代文明遺産調査員の仕事をしていなかったら、貴方って何をしていたの?」


 エクスは肘掛に寄りかかり、もの言いたげな視線をアルに送る。アルはカップをもてあそび、少し間をおいて、「そうだなぁ」とつぶやく。


「この蒼い空のほかに、黒い空、赤い空、いろんな空があると思う。それは一度きりしか見られないものだ」

「そうね。いつも同じとは限らないわ。それで?」

「僕は眺めるためにこうしているんだと思う」


 あいまいな言葉にエクスは眉をひそめたが、たわごとはいつものことだと諦めた。背もたれに寄りかかり、再び退屈そうな顔をした。


「答えになってないわよ」

「そうかな?」

「本音は?」

「さあね。人はどこから来て、どこへ行くのか。それぐらいに、わからない話だ。だけどね」


 アルはそう付け足し、含み笑いを浮かべた。


「この世界に生まれた以上、何かをなしたいと思っている。それが、僕にとってはたまたま空を眺めることだということさ」

「なるほどね」

「退屈な答えかな?」

「ええ、あくびがでるくらい」


 エクスのあくびをしつつ、しかしきっぱりとした返答に、アルは小さく肩をすくめた。

 トンネルを抜ける間、沈黙が続いた。木々が生い茂った場所が現れて、その中のレールを列車は一路を走り続けた。

数分も経たぬうちに暗雲がたちこめ、雲行きがあやしくなった。


「ほら、違う空になった」

「そんなに空が好きなら、空の都にでも暮らせばいいのに」

「いつも一緒は嫌なんだよ」

「……普通は、こんな雨空、喜ぶ人は少なくないわよ」

「雨は好きだけど」

「言ってなさい」

「はは、それぞれだね」

「もう列車の移動は飽きちゃったけど」


 エクスのわがままをアルはただ笑って受け止める。


「それじゃ、少しだけ眠るといい。あと一時間もすれば到着だけど」

「……少しって時間じゃないわよ」

「ちょっとだろう?」

「あなたにはね」


 エクスは不満そうに鼻息を漏らすと、ごろんと寝転がり、目をつぶった。

 アルは、上着をエクスにかけてやり、そっと眠らせることにした。この子の正体を知ってはいるが、それでも彼は自分の妹のように接していた。愛情であるとか、そういったものは持ち合わせていないはずだが、それでも、と彼は外を眺めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る