夕紅とレモン味

作者 蜜柑桜

72

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

こんな優しいおじいさんに、じんわりとお酒でもてなされたら、そりゃね……。

本当は「よしよし」をしてもらいたい、「なでなで」をしてもらいたい。
「よくやったぞ!」って言われたい。
そう思いながら、『オトナ』やってます。中身は子供のままなのにオトナになっちゃって苦しいなって。
ブランデー・クラスタ、飲みたいです。

★★★ Excellent!!!

あぁ、今日も仕事疲れたなぁ。
そういう声が、夕方くらいからきっと日本中に溢れているのでしょう。そんな疲れた大人にこそ、読んで頂きたいお話です。
これをきっかけに、行きつけのバーとかが出来たら素敵ですよね。
こんなバー、行ってみたいなぁ。そう思わせてくれる、素敵でカッコいいお話です。
是非ご賞味あれ!

★★★ Excellent!!!

とっても素敵な話でした。
物語のはじめに出てくる「夕陽」と、「橙色のカクテル」がピッタリ合っていて、ため息が出ちゃいます。
はぁ……綺麗!

仕事に疲れちゃった人に、読んでほしいと感じました。
たまには休んで、ふらりと歩いてみるといいのかも。
そして知らないバーにたどり着くの。
濃い茶色のドアを開けると……。
きっと、素敵な出会いがあるはずだから。

ありがとうございます!