第40話 目覚め

次第に目の前の景色が見えてきた愛理は、両親と奏が泣いて自身にしがみついている姿が見えた。 愛理は何が何やらとこの状況が分からないまま、抱き着かれている状況を続けていた。


「愛理……意識が戻ってよかったぁ……」


楓が泣きながら愛理の名前を呼び続けていると、奏もお姉ちゃんと涙と鼻水を垂らしながら抱き着いている。 その姿を見ていた正人たちは、良かったと思いつつも今後のことを話し始めた。 正人は医師と話してくると言って部屋から出て、教師たちは楓を一度なだめて、今後の学校生活のことを話そうとしていた。


「お母様、一度こちらで今後のことをお話ししましょう」


一人の男性教員が楓に言うと今言わなくてもと、もう一人の女性教員が話しかける。 すると、今話しましょうと楓は男性教員の言葉に賛同した。


「長くて一か月程度の入院だとお聞きしましたので、その間の学業のことですが」


楓と男性教員はベットとは真逆の位置にある、小さな丸い椅子と丸い机に座って話していた。 男性教員は数枚の紙を広げて、学院の復興計画などを話し始めた。 楓は学院の復興計画を聞いて、愛理が入院しても授業に遅れることはないと安心していた。 その代わり、他の生徒たちと同じようにプリント学習にて毎日勉強することはあると教えられた。


「学院復興に二週間かかりますので、その間は他の生徒と同じくプリントにて勉学に遅れがないようにします。 続いて学院が復興した後は、通常の授業となりますので、そこは愛理さんは公欠ということにしますので、出席日数などはお気になさらないでください」


そう言われ、楓はありがとうございますと返した。 出席日数が気がかりであったので、その心配をする必要がないことは嬉しかった。 奏はお姉ちゃんが怪物を退けたんだから、もっといいことあってもいいじゃんと言っていた。


「それとこれは別なのよ。 少しでも愛理にとって良いことがあるならそれで今は良いのよ」


楓のその言葉に、奏は今はそれでいいかと呟いた。 そして、奏はお姉ちゃんが生きていれば今はそれでいいやと声を上げて喜んでいた。 その様子を見ていた愛理は、状況が勢いよく過ぎていくので疲れたのかテレビの電源を入れて、ニュース番組を見始めた。


「あ、怪物のことやってる。 あの戦闘テレビで中継されてたんだ」


愛理が怪物との戦闘のことをテレビで見ていると、レポーターの人の言葉や愛理や葵、校長先生が戦っている時の周囲の反応や、興奮して喋っているレポーターの人の言葉を聞いて、あの戦闘がここまで人に影響を与えていたんだと改めて感じていた。


ニュース番組にて、愛理と怪物との戦闘映像が流れていると、司会者やコメンテーターたちが思い思いの言葉を発している。 子供が戦っているのに大人は何をしているのかや、これが魔法学校に入ったばかりの子供の力なのかや、もっと後ろから攻撃をしなきゃなどの言葉を発している。


「しかし、なんで怪物があの魔法学校に現れたのでしょうか? そこが不思議ですね」


その言葉を司会者が発すると、そこは国や特殊魔法部隊に調べてもうしかないと言い、最近怪物の出現が激しいので、何か対策を考えなければいけませんねとも言っている。


「それにしても子供一人でここまで戦うなんて、この少女の精神力は凄まじいですね」


一人の年老いた女性コメンテーターが言うと、絶光を放っている姿の愛理を動画で映していた。 片手で絶光を放って人型の怪人を攻撃している瞬間を見て、スタジオにいる全員がその愛理の傷だらけの姿と、何度も倒されても守ると叫んで戦う姿を見え、涙を流す人もいた。


「この少女は何でここまで傷だらけになってまで戦っているんでしょう……一人では何もでいないのに、何が彼女をそこまで立たせるのか……」


若い男性コメンテーターは、愛理がそこまで立って戦う理由が分からないでいた。 しかし司会者の男性が友達や教師たち、自身の守りたいものを守るために、力を振り絞っていたのでしょうとコメントをした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます