第38話 手術結果

「私が死にそうになった時に、愛理ちゃんが助けてくれて、怪物に立ち向かってくれた……」


葵は涙を流しながら、奏にありがとうと言って、愛理が手術をしている部屋の扉を見つめる。


「絶対愛理ちゃんは生きる! 手術は必ず成功する!」


葵もその場で祈り始めると、葵の両親も顔を見合わせて二人とも愛理の無事を祈り始めた。 愛理と葵の家族がその場で祈り続けて五時間後、手術室の扉が開いて医師と看護師合わせて十人が出てきた。


「愛理さんのご家族ですか? 容体のご説明をしますので、奥にある部屋にきてください」


説明をすると聞いて、楓や奏の顔が暗くなってしまう。 その二人の顔を見た正人は楓と奏の二人に愛理ならきっと大丈夫だからと言い、二人の手を引っ張って部屋に入っていく。 その様子を見ていた葵たちは、生きてと祈り続けるしかなかった。 そして、愛理の家族の姿が見えなくなると、葵は小さな声で生きて愛理と何度も呟いていた。



指定された部屋に入った正人たちは、小さな部屋に長机と椅子が六個置いてあるのを見ると、手前の椅子に三人並んで座った。 椅子に座って数分が経過すると、医師と看護師が一人ずつ部屋に入ってきた。 部屋に入ってきた医師と看護師は、椅子に座るなり一枚の紙を正人たちに見せる。 その紙には愛理の負っていた怪我の名称が書いてあった。 内臓損傷や裂傷に打撲など多くの名称が書いてあった。


「愛理はこんなに傷つきながらも、あの怪物と戦っていたんですね……」


楓は再度泣いてしまい、持っていた小さな鞄からハンカチを取り出して涙を拭いている。 奏は、戦っている愛理の姿を思い出して重症を負いながら必死に戦うお姉ちゃんは凄いなと呟いていた。


「それで、愛理は助かったんですか!?」


正人は医師に愛理のことを聞くと、医師は結果から申しますとと口を開いた。


「結果から申しますと、手術は成功しました」


その言葉を聞いて、正人たちは安堵の表情になった。 愛理はテレビで見ていただけでも酷い怪我を負っていたので、もしかしたら最悪の事態になるのではとも考えていた。 しかし、医師から手術が成功と聞いて最悪の事態が起きなくてよかったと正人たちは嬉しかった。


「回復魔法や外科手術によって、内蔵の損傷や裂傷などは治療が出来ました。 しかし、傷口の痛みや縫合箇所が完治するまでは回復魔法による持続的な治療が必要なので、長くて一か月は入院になるかもしれません」


そう医師に説明をされた正人は、回復魔法は凄いなと思い、医師と看護師にありがとうございましたと言って頭を下げた。 医師は手術が成功したとはいえ、安心はしないでくださいと言う。 正人は手術は成功したんですよねと聞くと、身体の傷は癒えても、心の傷の方が問題ですと言ってくる。


「心の傷ですか?」


楓が聞くと、医師は未成年ながら怪物との戦いで死を意識したと思いますと言う。


「怪物と戦うときや、模擬戦闘、魔法を使う場合にその時の戦闘を思い出して、恐怖で心に傷を負っている場合があります」


そのことを言われると、正人は心が問題なんですねと顔を俯かせてしまった。 その言葉を聞いた正人は、あんな傷つきながら戦ったんだから仕方ない部分もあるかとも考えていた。


「治るんですか!? その心を傷があった場合には、愛理はそれを治せるんですか!?」


楓のその質問に、医師は愛理さん次第ですと返答した。


「心の傷を治すお手伝いは出来ますが、実際に治すのは愛理さんの意思次第となります」


そう言われた楓は、愛理がもし傷を負っていたのなら、家族全員で克服しますと力強く言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます