第32話 負けない気持ち

正人がその場に崩れていると、上司が戻ってきてその右手にコーヒーを一缶握っていた。 上司は正人を同僚と共に起こして椅子に座らせると、右手に握っていたコーヒーの缶を正人に渡した。


「ありがとうございます……娘の愛理が腹部を貫かれていて、いてもたってもいられずに取り乱してしまいました……」


正人のその言葉を聞いた上司や同僚は、自分の子供が怪物と戦って、傷ついて死にそうになっていれば、取り乱すのも無理はないと二人は思っていた。


そして、正人がもらったコーヒーを飲もうとした時、テレビ中継をしていたレポーターの女性が、腹部を貫かれた女生徒を救うために、特殊魔法部隊の人たちや、教師の人たちが刀を持っている怪人に向かって行きますと言っていた。 その言葉を聞いた正人は、再度テレビ画面を見つめる。 その画面には、倒れて血を腹部から流し続ける愛理を守りながら、戦う姿が映っていた。


愛理に特殊魔法部隊の女性隊員が近づき、仰向きにさせて貫かれた腹部に治療魔法をかけていた。 愛理は痛みに苦しみ、苦痛で顔を歪ませていた。 正人は苦痛で顔を歪ませる愛理の姿を見ると、自身が代わりに痛みを受けてやりたいと思っていた。 すると、テレビ画面が突如特殊魔法部隊の方に移行すると、教師たちが吹き飛ばされ、特殊魔法部隊の全員が地面に倒れていた。


正人や楓、奏などの家族がテレビ中継で戦闘を見ているとは知らない愛理は、目の前で特殊魔法部隊の人たちや、教師たちが地面に倒れている姿を見てどうすればあの怪人を倒せるのかと唇を噛んで考えていた。


「動かないで! 応急処置が終わっていないから!」


身体を動かそうと考えていた愛理は、治療をしてくれている特殊魔法部隊の女性隊員に怒られていた。


「動かないと……私が動かないと……あの怪人を止められない……」


愛理がそう呟いていると、女性隊員がそんなに思いつめなくても、特殊魔法部隊に任せておいてと言う。 しかし、愛理は皆倒れているじゃないと女性隊員を睨んだ。すると、女性隊員は治療を続けながら、学生のあなたが気負う必要はないのよと怒鳴る。 その言葉を聞いた愛理は、確かに学生だけどと落ち込んでしまう。


その時、愛理と女性隊員の場所に人型の怪人が走ってきた。 女性隊員はその場で防御魔法を展開し、愛理と自身を守るために力を籠める。


「逃げて! 応急処置は途中だけど、もう動けるはずよ! 自分の命を大切にしなさい!」


そう言われた愛理は、その場から逃げるために走り出す。 しかし、走り出した瞬間、後方から悲鳴が聞こえたので振り向いた。 すると、そこには腹部を切り裂かれた自分を治療してくれた女性隊員が血を吹き出しながら地面に力なく倒れる姿を見てしまった。


愛理はその姿を見ると、また私のせいでと自身を責めてしまう。 しかし、先ほどの女性隊員の気負う必要はないとの言葉を思い出し、このまま逃げてしまえばいいのかと思うが、愛理は足を止めて違うと小さく呟いた。


「違う、違う、違う! 私しか今動けないんだ! 私があいつを倒すんだ!」


愛理はそう叫び、人型の怪人がいる方向を振り向く。 振り向いた先にいる人型の怪人を見つめている愛理は、絶光を右手で放ちながら人型の怪人に向かって走っていく。


「ソンな攻撃、モウキカナイぞ」


防御をすることなく、愛理の攻撃を受ける人型の怪人は、軽く笑いながら愛理のもとに歩いて行く。 その歩く姿は、愛理を弱いと決めつけて自身には傷もつけれないと決めつけているようである。 愛理はそれでも私はと叫びながらフライの魔法を使って人型の怪人を飛び越えた。


「葵ちゃん! 槍を貸して!」


そう葵に叫ぶと、葵は持っていた槍を人型の怪人の背後にいる愛理に投げ渡す。 その槍を受け取った葵は、人型の怪人の背後から槍で貫くことに成功をした。


「これでどうよ! 少しは効果があったかしら?」


愛理は微笑をしながら、これでどうかしらとさらに槍を押し込んでいく。 人型の怪人は呻き声をあげて右腕の刀を地面に刺して、倒れそうな身体を支えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます