第29話 思いの力

葵は自身の身体から出現した槍に驚くも、その槍を右手で掴んで槍を構える。 葵から出現した槍は、柄の部分は金属で作られており、その色は白と青を螺旋状に巡らせている。 また、先端部分は剣のようになっているようで、その先端部分は青白い色をしていた。


「これは……私の身体からでてきたの?」


突然自身の身体から槍に驚くも、その槍を掴んでいる右手に良く馴染む感覚を感じていた。 葵が掴んでいる槍は柄の部分が五十センチに、先端部分は三十センチ程の長さをしていた。


「この槍ならば……怪人を倒せる!」


葵のその姿を見ていた避難している生徒たちや、怪人と戦っている教師たちは、あの武器は何だと驚いていた。 しかし、葵はその槍を握った瞬間に、この武器が自身の力の具現化だということや、この武器は怪人を倒すことが出来ると知らないはずなのに、なぜかそのことを知っていた。


「そのブキはナンだ! オマエの身体からシュツゲンシタ、そのブキはナンだ!」


人型の怪人は、葵の持つ武器に怯えているようであったが、それでも両腕の刀を構えて葵を殺そうと刀を振り下ろしてくる。


「もう怖くない! もう怯えない! 私は大切な友達を……守る!」


人型の怪人の両腕の刀を、槍の先端や柄の部分で柄の部分で葵は捌いていた。 先ほどまでの葵とは違い、その目に怯えは感じられず、友達を守るために命を懸ける覚悟を発していた。


葵は槍を駆使して、人型の怪人を攻撃を防ぎながら腕の隙間などを狙って突き攻撃をしていた。 突きをしたかと思えば足元を狙ったり、槍で足払いや切り裂きなどを行っていた。


「この槍なら! 怪人なんて!」


そう叫びながら、槍を振り回して人型の怪人に攻撃をしていく。 すると、人型の怪人は大きな声で笑いだした。 葵は突然笑い出した人型の怪人の不気味さに顔を歪めていた。


「突然笑い出して、何よ!」


葵が槍を人型の怪人に向けながら何なのよと言うと、人型の怪人が武器を手にしても弱いなと言う。 その槍を手にしても扱いきれておらず、宝の持ち腐れだとも言う。


「宝の持ち腐れ!? これは私から出現した武器よ! すでに扱えているわ!」


槍を再度構えると、校門の方から私たちが相手をすると複数人の声が聞こえた。 その声は少し前に海岸で怪人を倒した特殊魔法部隊であった。 生徒たちは助かったと安堵をしているが、教師たちはそうでもなかった。 自分たちがこれほど相手をしているのに特殊魔法部隊の人たちで倒せるのか不安を感じていた。


「生徒や教員の皆さんはすぐにここから避難してください! 後は我々が戦います!」


特殊魔法部隊の一人の男性が、声を上げて叫ぶ。 その声を聞いた生徒たちや数人の教職員たちはすぐにその場から退避をしていく。 切り裂かれて倒れていた星空校長は、女性の教員に回復魔法をかけられながら、二人の男性教師の肩に手を回してゆっくりと学校外に向かって歩いていた。


それを見た葵は、校長先生が生きてたと安堵をし、特殊魔法部隊の人に向かってあそこに倒れている私の友達も助けてあげてくださいと叫ぶ。 すると、一人の女性隊員が地面に倒れている愛理を見つけ、すぐさま回復魔法をかける。 愛理の傷が徐々に治っていくと、愛理は目を薄く開けて葵を探した。


「うっ……葵ちゃんは……どこ……」


痛む身体に鞭を打ち、震えながら立ち上がると、葵が槍を手にして人型の怪人と対峙をしている姿が見えた。


「葵ちゃん……! なんで怪人と戦っているの!?」


愛理はふらつく足取りで葵の側に行こうとするも、女性隊員に無理しないでと腕を掴まれてしまう。


「離してください! 私の友達があそこで戦っているんです!」


愛理のその言葉を聞いた女性隊員は、すぐにあの娘も避難させるからと愛理に言う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます