第28話 死闘

葵が走った方向に吹き飛ばされた愛理は、血を少量吐き出しながら宙を舞っていた。


「お腹が……まさか蹴られるなんて……」


愛理は地面に衝突すると、すぐに顔を人型の怪物に向けた。人型の怪物はニヤケ顔になりながら、コロスと片言で何度も何度も力強く、遠くに吹き飛ばされた愛理にも聞こえるほどの声量で叫んでいた。


「何か恨みでもあるの!?」


愛理は人型の怪物がなぜに、何度もコロスと片言で叫んでいるのか理解が出来なかった。 そんなことを愛理が考えていると、人型の怪物が愛理の方向に走り出す。 愛理は来たと目を見開くと、右手にライトソードを、左手にライトシールドを発動させる。


「私が止めないと!」


意を決して人型の怪物と対峙をする愛理の目からは、負けないという意思を感じさせた。


愛理は近づいてきた人型の怪物の攻撃をライトシールドで防ぐと、右手のライトソードで斬りかかろうとした。 しかし、その愛理の攻撃は易々と避けられてしまう。


「私の技量じゃ、まだ攻撃が当たらない!」


愛理が悔しいと感じていると、突然人型の怪物の攻撃速度が上昇した。 先程までとは違い、数段攻撃速度が上昇し、愛理はライトシールドで防ぐのが精一杯になってしまう。


「厳しい! ライトシールドが壊れちゃう!」


愛理が冷や汗をかいていると、一瞬の隙をついて、ライトシールドの横から人型の怪物の膝蹴りが愛理の腹部に突き刺さる。 愛理は再度血を吐きながら、葵が退避した屋外に吹き飛ばされてしまった。 愛理のその姿を見た葵や同級生たちは、悲鳴を上げて愛理の名前を呼んでいた。


「愛理ちゃん!」


葵は愛理の名前を叫びながら地面に衝突した愛理に近づこうとすると、葵の目の前に人型の怪物が立ちふさがった。


「怪物が何よ! 私の友達をこれ以上虐めないで!」


葵は愛理の前に立ち、目の前にいる人型の怪物に向かって声を荒げた。 なぜ人間を襲うのか、なぜ大切な場所を奪うのか、なぜ大切な人を傷つけるのかと問いただした。 すると、葵の目の前にいる人型の怪物の吹き飛ばされた右腕の切断面が蠢いて、吹き飛ばされた先が復元した。


「右腕が!? 復元するなんてずるい!」


葵がそう叫ぶと、復元した右腕の刀で葵の首元を人型の怪物は軽く切った。 切られた葵の首筋からは、血が少量流れ落ち、葵は小さな痛みに耐えていた。


「これくらいの痛み……目の前の愛理ちゃんの辛さに比べたら!」


そう言って愛理の前に立ち続けると、人型の怪人が強がりを言うなと流暢な口調で話し始めた。


「お前たち地球人を殺すことが、オレの使命だ」


突然流暢な口調で話し始める人型の怪人に葵は驚くも、それでも殺させるものかと強気な口調で葵は返す。


「私は約束したんだ! 友達の愛理ちゃんと守り合うって!」


守り合うという言葉を言った瞬間、葵の身体が光り輝いて胸のあたりから一本の槍が出現した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます