第25話 怪物の強さと脅威

日本にも怪物が現れた。 そのことを聞いた愛理は愕然としていた。 先ほどまでは、アメリカで出現した怪物だったので、自分には遠い地域での事件だと思っていたのだが、ここ日本でも怪物が現れてしまった。


アメリカで出た怪物は、緑色の五メートルの身長をして筋骨隆々であったそうである。 その怪物は一つ目をして、右手に巨大な棍棒を持って特殊魔法部隊と戦った。


日本に現れた怪物は、愛理の住んでいる場所から遠い神奈川県の海岸沿いに出現したらしい。 その怪物は赤い全身を覆う甲冑を身に纏って、右手に一メートルの日本刀を持っていた。


「これが怪物……」


愛理は初めて見た怪物に恐怖しか感じなかった。 アメリカの特殊魔法部隊でさえ、一体を倒すのに苦労をしたのに、日本の特殊魔法部隊だけで倒せるのだろうかと不安しかなかった。


「あ、今現れた怪物に日本の特殊魔法部隊の隊員が攻撃を仕掛けました!」


そのリポーターの言葉と共に、赤い甲冑の怪物に火属性の魔法をおびただしい数浴びせた。 すると赤い甲冑の怪物は呻き声をあげたと思うと、すぐに魔法を反射して隊員たちに魔法を浴びせていく。


隊員たちは爆発によって吹き飛ばされ、岸壁に衝突していた。 その威力によって気絶をする隊員が多く、気絶をしなかった隊員は武器によって近接戦闘を仕掛けていた。


長剣や斧などで仕掛ける隊員たちの攻撃を日本刀や小手で難なく防いでいく、赤い甲冑の怪物は隊員たちを切り伏せて、一人また一人と殺していく。 右腕を切断された隊員は、そのまま赤い甲冑の怪物に蹴り飛ばされて岸壁に衝突した。


その隊員を見た他の隊員は、決死の覚悟で赤い甲冑の怪物に突撃をしていった。 両サイドから武器を持って攻める隊員たちは、何人も切り伏せられながらも、剣や刀を赤い甲冑の怪物に刺していった。


しかし、何本も腹部を貫かれながらも赤い甲冑の怪物は死ぬ気配はなく、動き続ける。 その場にいた隊員が全員地に伏せていると、先ほどの右腕を切断された隊員が、体内に魔力を充満させて赤い甲冑の怪物に抱き着いた。


そして、抱き着いた隊員はそのまま自爆をした。 その隊員の自爆はその地域一体に衝撃波が届くほどに大規模なものとなり、近くにいた隊員たちは吹き飛んでしまった。


「日本の特殊魔法部隊の方のおかげで、怪物は倒されたようです!」


キャスターが中継を終わらせて、日本は救われましたと言うが、愛理は隊員の人死んじゃったよねと言う。


その言葉を聞いた正人は、あの人たちのおかげで今の日本の平和があるんだよと言う。 その言葉を聞いた愛理は、誰の犠牲もなく平和を勝ち取りたいと思った。


しかし、特殊魔法部隊の人たちでさえあれほど苦戦をしているのに今の自分自身では無理だろうと感じるしかなかった。


テレビ中継が終わると、学校から本日は休校だという連絡が届いた。 正人と楓は仕事に向かうが、愛理と奏は学校が休校になったので、自宅待機となった。


「あ、学校はないけど私事務所行ってくるね!」


奏はそう言うと、鞄を持って制服のまま家を出て事務所に向かった。 家に一人残された愛理は、魔法書を自室から持ってきてリビングでテレビをつけながら開いていく。


あの血文字のような文字はまだ表示されているも、それ以外は浮かび上がっていなかった。 愛理はどうしたら魔法がもっと浮かび上がるか考えるも、特に答えは浮かび上がってこない。


「どうしたらいんだろう……」


愛理が悩んでいると、テレビのニュース番組でアメリカと日本で出現した怪物のことを特集していた。


特集では、なぜ今になって現れたのか、なぜアメリカと日本にだけ現れたのかという問題を議論していた。 愛理はそんなのわからないわよと呟いていた。


「あの隊員の人のおかげで、日本は怪物に蹂躙されずに済んだし、魔法を反射してたから、単なる魔法攻撃だけでは対処できない可能性が高いのよね……」


愛理は学校でどうしていけばいいのかと思っていたが、今の私は学生だし何もできることはないかと思い始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます