第23話 練習成果

愛理は早く習得しますと言って、再度フライの魔法を発動させた。 愛理は星空校長と葵に言われたことを考えながら、再度宙に浮く。 身体の力を入れすぎずに、バランスを取っていく愛理は、ついに自由に少しずつ動くことが出来た。


「やった! 葵ちゃんみたいに動けるようになった!」


愛理は喜んでいると、星空校長が調子に乗ったらすぐ落下するぞと注意をした。 愛理はそうでしたと言い、すぐさま飛ぶことに集中をした。


「だんだんと飛べるようになった! 次は飛びながら別の魔法を……」


そう呟く愛理は、フライを発動させながらライトソードを発動させようとすると、意識が別の方にいってしまいフライの魔法が切れた。


「うわぁ!?」


ライトソードすらも上手く発動出来ずに、地面に落下してしまった。 その様子を見ていた星空校長は、二つの魔法はを発動させるのは簡単だが、フライはまた別問題だと言う。


「フライの魔法によって多少は飛べるようになっても、未だに素早くは動けていないから、集中と意識が別のところにってしまうと解除されてしまうのだろう」


そういう星空校長の言葉を聞いた愛理と葵は、分かりましたと良い笑顔で返事をしていた。


再度愛理と葵はフライの魔法を発動させようとしたところ、下校時刻を知らせるチャイムが鳴り響いていた。


その音を聞いた星空校長は、今日の部活はここまでだなと言って帰宅して身体を休めてくれと二人に言った。


「ありがとうございます!」


そう愛理と葵は星空校長に言って、二人して部室に帰って帰り支度をした。 帰宅中に、愛理は葵と楽しく笑いながら帰ることが楽しくてたまらなかった。


「じゃ、私はここだから愛理ちゃんまた明日ね!」


葵と別れた愛理は、またねと返して帰路についていく。 愛理は登校二日目だが、新鮮なことばかりなのと、知らない魔法や、魔法の練習が出来ることが嬉しかった。


しかし、嫌なこともあると落胆をしている。 それは魔法教科以外の学科科目である。 愛理は魔法のことばかり考えていて、二日とはいえ学科科目のことをほぼ考えていなかった。


「魔法だけ勉強したいけど、そんなことはダメよね……はぁ……憂鬱だわ……」


まだ高等学校の学科授業が始まったばかりなので、そこまで焦らなくていいかと思う愛理だが、いつか葵に怒られそうだなとも思っていた。


そして、翌日も学科授業の後に魔法の授業を終えて部活の時間になると、フライの魔法を再度練習をしていた。


昨日とは違って、アドバイスされた通りに愛理は魔法を発動させていく。 歩くような速さで移動が出来るようになり、小走り程度まで葵と共に動くことが出来るようになっていた。


「やった! ここまでできた!」


愛理と葵が喜んでいると、星空校長がここまで早く出来るようになるとは思わなかったと言っていた。 それに対して愛理は、葵と頑張りましたと返答をした。


星空校長は、その行使で自主練習をしていけば思う通りに素早く動けるようになるだろうと言う。 それからは部活の活動時間終了時刻まで、愛理と葵はフライの魔法の練習を続けていた。


「そろそろ部活終了の時刻だな。 今日はこれで解散にしよう」


星空校長のその言葉を聞いた二人は、後片付けをして部室に戻っていく。 部室には星空校長が椅子に座って、一冊の本を読んでいた。


「何の本を読んでいるんですか?」


愛理のその言葉に、星空校長は光の柱から出てきた救世主のことが書かれている本だよと教えてくれた。


「私たちを救ってくれた救世主のことですか!?」


葵は星空校長に詰め寄って、私好きなんですと言う。 急に詰め寄ってきた葵に驚きながらも、星空校長はあまりいいことは書かれていないぞと言う。


「そうなんですか!? 私が知っている書籍類では、救世主たちは素晴らしかったと書かれていましたけど……」


葵のその言葉に星空校長は、それだけが真実ではないぞと言う。


「この前教えた人を攫ったことの他にも、流れ玉での殺人や囚われていた日本人共々怪物を殺したりと、残虐なこともしていたと聞いている」


その言葉を聞いた愛理と葵の顔は青ざめていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます