第22話 新魔法の練習

愛理と葵は、星空校長からフライの魔法を教わるために先ほどまでいた第二体育館に移動をした。 そこに移動した二人は、星空校長から教わったフライの魔法を練習することにした。


「さて、フライを習得してもらうのだが、この魔法はバランスがとても重要でね。 私も苦労をしたものさ……」


星空校長は、自身が苦労をした時を思い出していた。 時折笑っていたのは、バランスを崩して砂浜に落下した時を思い出していたからである。


「フライと魔法名を言葉にして、自身が飛ぶイメージをするんだ。 初めは高揚感が高まるだろうが、次第に恐怖心が出てくる。 その恐怖を乗り越えてバランスを取って飛び続けるんだ」


星空校長のその言葉を聞いた二人は、フライと二人同時に魔法名を言葉にした。 すると、愛理と葵の身体が数センチ程中に浮いた。 二人はやったと嬉しそうにするも、星空校長の恐怖心が出てくると言った言葉を感じていた。


「バランスを取れないし、操作できないから怖い!」


葵がそう叫んでいると、愛理は地面に倒れて呻き声をあげていた。 愛理は鼻を打ったらしく、痛いと鼻をさすっていた。


「操作は難しいけど、フライの魔法は絶対ものにしないと!」


愛理は再度意気込んで、フライの魔法を発動させた。 二度目に発動させたフライは一メートル上昇して、愛理は全身に力を入れてバランスを取っていた。


バランスを取っていく愛理に星空校長は、その調子でだんだんと力を入れずに自然と自由に動けるようにするんだと助言する。 愛理はその言葉通りに、次第に力を抜いて、自然体で動けるようにしていく。


「次は足の力を抜いて……うわぁ!?」


愛理はそのまま前のめりに倒れてしまう。 愛理はそのまま額を体育館の床にぶつけてしまい、呻き声をあげた。 葵はその倒れた愛理を見て、葵はゆっくりと愛理に近寄った。


「だ、大丈夫!? 血は出てない!?」


葵は地面に降りて、愛理に近寄った。 愛理は額が赤くなる程度で済んでいるようであり、痛いと自身の手で摩っていた。


「葵ちゃんは動くまでいけてる! 私も早く自由に動かなきゃ!」


愛理がそう叫ぶと、フライと勢いよく叫ぶ。 愛理が叫ぶと、軽く宙に浮いて少しだけ思った通りに左右に動くことが出来た。


「やった! ついに少しだけ動けた! これでもっと動ければ!」


愛理は笑顔でもっと動くぞと言うと、隣にいた葵が歩く程度の速さで上下左右に自由に動いていた。


「葵ちゃん凄い! 私もこれぐらいしかまだ動けないのに、もう自由に動けてる!」


葵を見て凄いと言う愛理に、葵は考えるより身体で自然と動かす方に集中した方がいいかもと言ってくれた。 愛理はわかったと力強く返事をすると、葵に言われた通りに魔法を制御しようとした。


すると、先程までとは違って思い通りに動けるようになってきた。 愛理は葵ちゃんありがとうと葵の方を向いて言った瞬間、鼻血を出してしまう。


「あっ……鼻血が……」


愛理は鼻を抑えるも、大量に血が流れてしまい、手では抑えられない。 葵はポケットに入れていたポケットティッシュから数枚紙を出して、愛理の鼻に当てた。


「葵ちゃん、ありがとう……」


愛理は地面に座って、鼻血を止めることに集中していると、星空校長が愛理と葵に近寄ってきた。


「なかなかフライの魔法は難しいかな? でも、習得すれば必ず戦闘の役に立つし、フライがなければ戦えないことの方が多い」


続けて星空校長は、空中戦の可能性だってあるから、自由に素早く動けるようにしていこうと言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます