第19話 昼休み

愛理と葵は、その食堂に入ると窓側の席に座ろうとしていた。 窓から見る学校の敷地内や、大きな駅の景観を見ながら食べようとしていたのである。 校舎内には大小さまざまな木々や草花が植えられており、食堂の側や正門付近には桜の木や季節折々の木々が植えられている。


登校時や昼食時にはその草花や木々を見て癒されることが出来る。 愛理はジェノベーゼを食堂入り口の食券券売機で購入をして愛理と共に列に並ぶ。 葵はオムライスの食券を購入して、食べるのを楽しそうに待っていた。 この学園の食堂では、全ての料理の金額は五百円で統一されている。


愛理は初めて券売機で買うときに、その値段にも驚いていたが料理の美味しそうな匂いが漂う食堂にも驚いていた。


「皆美味しそうに食べてる! 私も早く食べたい!」


料理のカウンターに到着をするまで、愛理は先ほどまでの死にそうな表情から活気溢れる笑顔に変わっていた。 ついに愛理達の順番が回ってきて、愛理と葵は食券をカウンターの受付にいる恰幅がいいおばさんに渡す。 すると、食券を渡して数十秒で料理が運ばれてきた。


「既に色々な料理を作ってたんだ! こんなに大勢の生徒たちがいるんだから、作り置きはしておくか」


そんなことを思いながら、葵と共に窓側の席に座ると、葵がこのオムライスの匂い凄い美味しそうだよと喜んでいた。 葵が美味しそうと言う中で、愛理はジェノベーゼをじっと見ていた。 葵は何をそんなに見ているのと聞くと、愛理は凄い美味しそうで驚いてたと返す。


学校の食堂の料理だからとそこまで期待はしていなかったのだが、想像以上に美味しい料理が出てきたので、愛理は驚いていたのである。


「このジェノベーゼ美味しそう!」


席に座って葵と食べ始めることにすると、愛理はすぐにフォークを右手に食べ始める。 一口食べた愛理は、その味に驚愕した。 外食などで食べるジェノベーゼより、断然味が美味しく、その食べ心地も最高であった。 愛理は美味しいと言いながらスピードを上げて食べていると、葵が早すぎだよと心配をしていた。


「それでも美味しくて、やめられない!」


そう言っている愛理の顔は幸せそうであった。 葵はそんな幸せそうな愛理を見ながら、オムライスを食べ進める。


「このオムライスも美味しい! ケチャップも味が濃くて美味しいし、卵も凄い美味しい!」


愛理と葵はこの食堂の料理のレベルの高さに驚きながら、周囲の生徒たちの料理を食べている姿を見て、他の生徒たちも美味しいと言っていて凄い食堂だと感じていた。


「これは良い昼食になりそう!」


愛理は笑顔のままジェノベーゼを食べ終えると、葵も同時に食べ終えたことを見ていた。 愛理は水を取ってくるねと言って席を立つと、葵は外を眺めることにした。


「桜の木が綺麗だなー。 愛理ちゃんが友達になってくれたし、他にも友達出来たし、高校はまた違って楽しいなー」


笑いながら外を見て感慨にふけっていると、愛理がコップに水を入れて戻ってきた。


「外を見て何してるのー?」


葵が外の何を見ているか聞いてみると、葵は桜の木を見てたと言う。 愛理は外の木が見れるし、この場所良いよねと笑っている愛理に、葵はだよねと声を上げて同意していた。


「お昼休みはここにいるだけで、癒されるー」


葵が机に突っ伏していると、お昼休み終了五分前のチャイムが鳴った。


「もう終わり!? もっとここにいたかった……」


葵は早いよと愚痴を言いながら、愛理に連れられて教室に戻っていった。 途中、授業でないで食堂にいると言ってたが、愛理がそれはダメよと注意していた。 五時間目が終わると、六時間目にはついに魔法の授業が開始される。 生徒たちはやっとだと喜んでいると、愛理と葵は第二体育館に行けと指示された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます