第18話 食事

汗を拭き終えた愛理は、息を整えてから二階に降りていく。 階段を下っている最中に、何やら美味しい匂いが漂っていた。


「この匂いは! カレーだ!」


愛理は勢いよくリビングのドアを開けると、そこにはカレーを頬張っている奏の姿があった。


「奏が先に食べてるんかい!」


愛理はその場でずっこけそうになるも、美味しそうにカレーを頬張っている奏に近寄って、奏の両頬を引っ張った。


「ふぁにするの! ふぉねえちゃん!」


頬を引っ張られているので、上手く言葉を発することが出来ない奏に、愛理は先に食べるなんてずるいわと怒っていた。 怒る愛理に奏が美味しいから食べてみてよと言い、スプーンでカレーを愛理の口の中に入れた。 すると、愛理は美味しいと言いながら奏の頬から指を離す。


「ママの料理美味しい!」


そう言いながら奏より早く食べ進める。 その愛理の姿を見た奏は、お姉ちゃん先食べちゃダメと言いながら、奏も再度食べ始めた。 その姉妹の様子を楓は幸せそうな顔で見つめて、自身で食べるカレーを用意して、飲み物を出す。 愛理と奏はお茶頂戴と二人して言うと、楓は笑いながらはいはいと言っていた。


翌日、奏とカレー早食い競争をして胃がムカムカするも、授業を受ける楽しさで期待が高まっていた。 学校の最寄り駅に着くと、正門を抜けた先にて上級生達が部活の勧誘を本日もしていた。


「まだまだ勧誘は続きそうだけど、高校って感じで楽しい!」


周囲の勧誘する上級生を見ながら、愛理は下駄箱に辿り着いた。 新品の上履きに、新品の制服の匂いや手触りを感じながらも、自身のクラスに入っていく。 そこでは昨日と変わらずに賑わっているクラスメイト達が、どの部活に入るか話し合っていた。 その中で葵も友達たちと話していて、愛理の姿を見た葵はすぐさま愛理のもとに駆け寄った。


「愛理ちゃん! 私達の魔法の教官は校長先生らしいよ!」


その言葉を聞いた愛理は、なんでと驚いていた


「なんか校長先生が教えるって言ったらしいよ。 部活の教え子だからついでに教えるって言ったらしいよ!」


ついでって何よと驚いていたが、葵と話していたクラスメイトのクラスメイトたちが羨ましいと言っていたが、一人の女子生徒が校長先生が教えてくれるって凄い緊張しそうと言った。


「だよね! 部活だけかと思ったら、授業でも会うのは緊張する!」


そんなことを言う愛理に、葵は沢山魔法教えてもらおうよと言う。 愛理はそれにそうだったわねと言い、魔法を沢山教えてもらって強い魔法使いになると言う。 愛理がそう言った瞬間、チャイムが校舎内に響き渡る。 それはホームルームが始まる合図であり、星空学園高等学校での本格的な生活が始まった瞬間でもあった。


愛理が授業を受けて目が回るような高等学校の授業内容に唸っていた。 ここまで授業難易度が高いことに驚愕をしていた。 今は四時間目の授業が終わり一時間の昼休みに入ったのだが、愛理は机に突っ伏して魂が口から出ているようであった。 葵は左隣で屍になっている愛理の右肩を揺さぶって、大丈夫と声をかける。


「何とか……魔法以外の勉強もレベルが高くてテストが今から不安だわ……」


愛理のその言葉を聞いた葵は、テスト前には勉強会をして一緒に乗り切ろうと笑っていた。


「ありがとう……あ、お昼食べよ」


フラフラなまま席を立つと、屍姿の愛理をクラスメイトたちは大丈夫なのかと不安な眼差しで見ていた。


「何食べるの? 食堂はあっちだよ」


葵は愛理が何を食べるのか気になって聞いてみると、愛理はジェノベーゼを食べるわと言う。 愛理は葵に食堂は色々なメニューがあるから迷うけど、曜日で食べる種類を決めてるからその中から選んでるわと言った。


「そこまで考えてお昼食べることにしたのね……私もそうしてみようかなー」


葵は愛理と共に廊下を歩きながら笑って話していた。 正門を背にして右側に食堂のため物が地上二階建ての長方形の横長のガラス張りの建物であり、そこには広さがあり席も多数置かれている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます