第17話 悪夢

「でも、確定したわけじゃない。 噂の域を出ないし、そのことを見ていた人はいないからな」


そう言う星空校長は笑いながら言っている。 それを聞いた愛理は、そのことを調べたり古代の失われた魔法を調べていくのがこの部活ですかと聞いた。


「そうだ。 この部活は天魔戦争のことを調べつつ、古代魔法のことを調べることだ!」


星空校長は笑顔で部活のことを言うと、愛理と葵は頑張りますと言った。 その言葉を聞いた星空校長は、明日からよろしくと言って部屋を出ていった。


「今日は帰りましょうか。 葵ちゃん、明日もよろしくね!」


そう言って二人は部室から出て、帰宅することにした。 葵は愛理とは逆の方向に帰るらしいので、愛理は駅で葵と別れると家の方向に行ける電車に乗った。


「初日から大変だったわ……色々なことがあったし、まさか校長先生が担当の部活に入るなんて……」


愛理は今日一日で起きたことを思い返すと、凄い充実をしていたと感じていた。 憧れの高校に入れたことや、初日で友達が出来たこと。 古代魔法なんてものがあったことなど、愛理は怒涛の勢いで知ったことを思い返していた。


「明日もこの調子で授業を受けて、色々学ぶぞ!」


そう言いながら電車の中で右腕を上にあげてしまう。 その愛理の姿を見ていた周囲の人達が、愛理を見て小さく笑っていた。 それに気が付いた愛理は、顔を赤くしながらすいませんと言って空いていた席に急いで座った。


「自然と声が出て腕を上げてた……」


尚も顔が赤い愛理は、熱い顔を左手で扇いでいた。 家に着いた愛理は自室に入ってベットに飛び乗った。 疲れたと言って枕に顔をうずめていると、部屋に楓が入ってきた。


「疲れてるのー? 大丈夫?」


ベットに横になっている愛理を見て、楓は体調は大丈夫なのと聞いた。 すると、愛理は一日で沢山凄いこと起きたから疲れちゃってと話す。


「結構濃厚だったみたいね! 初日から凄いことばかりみたいだったようね!」


楓は嬉しいわと言いながら、少し休んでなさいと言った。


「ありがとう……少し寝るねー」


寝ると楓に言った瞬間、すぐに熟睡をしてしまった。 愛理は寝ている途中から不思議な夢を見ていた。 その夢は暗がりを歩きながらも、小さな光が空から降ってきていた。 その光に手をかざすと、自身の身体が眩く光り輝いて力が溢れる感覚を感じた。


愛理は輝く身体と共に前に歩いて行くと、そこには葵の姿が見えた。 葵は身体中から目に見える程の高密度な闇のエネルギーを纏っていた。 愛理はその葵に手を伸ばすと、伸ばした右手を葵の左手で払われてしまう。 愛理は何で拒絶するのと叫ぶと、葵はもう私は違う世界の住人なのと言っていた。


「どういう意味なの! 葵は私の友達でしょ!」


友達だからという愛理に、葵はもう遅いのと返す。


「何で遅いの! 今私はここにいるよ!」


その言葉に葵は、私のこの姿を見ても言えるのと言い、髪に隠れている右側の顔を見せる。


「そ、その顔は……」


葵の顔の右側には、鼓動を打っている青黒い波模様が目の上から首筋まで伸びていた。 葵はこの模様は呪いよと言い、愛理があそこで躊躇したから私に呪いがかかったのと愛理を見る目に恨みを感じる程であった。


「私は……あの時、あのようにするのが正解だと思って……」


愛理は夢の中だと言うのに実体験をしたかのように、言葉が自然と口から出ていた。 愛理は友達を救うのに理由はいらないと叫んで、葵の側に駆け寄る。 葵の側に近づいた瞬間に、愛理は目が覚めた。 枕やシーツが濡れている程に汗をかいていた愛理は、服がベタベタで気持ち悪いと小さく言いながらベットから出る。


「何だったのかしらあの夢……葵ちゃんが出てきて、わけわからない夢だった……正夢にならなきゃいいけど……」


タンスからハンカチを出して顔や身体中の汗を拭いていくと、楓がご飯が出来たよと教えてくれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます