第12話 新しい通学路

朝食を楽しく食べていると、そろそろ通学時間だよと奏が教えてくれた。 奏はそろそろ行かないと遅刻しちゃうと言っていた。 愛理はそれほど遠くない場所に星空学園高等学校があるので、まだ焦る必要はなかった。 しかし奏と一緒に家を出ようと決めたので、待ってと言って鞄を手に階段を下りていく奏を追いかけた。


「お姉ちゃんももう出るの? なら、一緒に行こう!」


そう奏に言われた愛理は、奏の隣を歩いて最寄り駅に歩いて行く。 四月の春の季節なので、桜が舞ったりして道を歩くのが楽しいと感じていた愛理は、こんなに早く家を出て何をするのと奏に聞いた。


「ドラマに出るから朝早く学校で手続きがあるの! 面倒くさい!」


怒りながら歩く奏は、芸能との両立は難しくて大変だと強い口調で愛理に話す。 しかし愛理はでもと言って、芸能界に入ってから奏は楽しそうだよと言う。


「芸能界は凄く大変だけど、凄く楽しいよ! 色々な人に会えるし、自分の可能性を存分に出せるから!」


目を輝かせている奏は、いつか日本一の芸能人になって海外で活躍するんだと愛理に話す。 愛理はそこまで既に考えているとは知らなかったので、奏は凄いと頷いていた。


「お姉ちゃんも魔法を追求して偉大な魔法使いになるんだから、私以上に凄いって!」


愛理のことを褒める奏の眼は奏を見ていた愛理の眼とは違って澄んでいたので、自分のことを少し恥ずかしいと感じていた。 駅に到着をして電車に乗ると、途中の駅で奏は下車した。 奏はお姉ちゃんまたねと言って走っていった。


「私の降りる駅は、次の駅で乗り換えて星空学園駅に行けば大丈夫か!」


愛理は間違えることなく乗り換えて、家から三十分ほどで星空学園駅に到着をした。 星空学園駅に降りると、そこには子供から大人まで沢山の人で溢れていた。 駅はとても広く、巨大なターミナル駅のように見える。 愛理は目を輝かせながら周囲を見渡していると、駅の東側に星空学園高等学校はこちらですと看板が立っているのが見えた。


「あっちか! 早く行こう!」


愛理は小走りで看板の方に走っていくと、そこには青空の下に広がる巨大な敷地面積を持つ星空学園高等学校が見えた。 星空学園高等学校は星空学園駅に隣接をする高等学校であり、そこには千名以上の生徒達が通っている。


ちなみに、星空学園は幼稚園から大学院まであるエスカレーター式の魔法学校である。 そして、この日本で上位に入る有名な魔法学校の一つでもある。


「ここに今日から通うんだ! 楽しみだわ!」


目を輝かせて道を歩くと、学校の正門に前に到着した。 正門には、入学おめでとうの門が手作りで作られていたり、在校生達が正門から校舎までの間に多数いて、声をかけたり部活の勧誘をしていた。


無数にいる在校生達に驚く愛理だが、夢への第一歩だと頷いて正門を超えて学校内に入っていく。 学校内に入ると、そこにはいろいろな旗を持っている生徒達が新入生を迎えていた。 そこにはサッカー部やバスケットボール部などの部活や映画部や写真部などの文化部など幅広い勧誘が沢山あった。


愛理は多くの部活の旗を見ながら、学校内を歩き続ける。 正門を抜けて在校生の勧誘を抜けると、学校内に入る入り口が見えた。 入り口の先には下駄箱が見え、その前にクラス分けの看板が立っていた。 愛理は一年一組に所属するらしく、愛理はクラスも分かって一年一組の下駄箱に向かうと、そこには既にクラスメイトと思われる女子生徒がいた。


「おはよう」


緊張をしているのか、顔を強張らせながら上履きに履き替えて先に行ってしまう。


「凄い緊張がこっちにも伝わってきたわ……」


愛理も少し緊張をしてしまうが、すぐに持ち直して地震も上履きに履き替えて一年一組を目指していく。 校舎内はガラスと白い壁がとてもマッチしており、廊下は綺麗な大理石で出来ていた。 天井は圧迫感を感じない程度に高く、一階には職員室や放送室に生徒会室がある中に、三年生の教室が五つある。


一階だけでも見る場所が多く、L字型の廊下を歩こうとしたが、時間も迫っているので自分のクラスがある四階に行こうと決めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます