第9話 魔法の難しさ

ライトスピードは光属性の初級身体強化魔法であり、光属性の身体強化魔法の基礎魔法と書いてあった。 愛理は湖の側で、ライトスピードを発動した際のイメージを考えながら魔法を唱える。 すると、愛理の身体が微かに光ったもののライトスピードが発動した気配はなかった。


「全然発動しない! ライトスピード難しすぎる!」


愛理はその場で嘆くも、愛理は諦めずにライトスピードを唱えていく。 始めてから一時間が経過すると、コツを掴んだのか次第にライトスピードを身体に定着することが出来るようになっていた。


「脚力だけだけど、なんとかライトスピードを発動出来た!」


二時間経過してやっとライトスピードを脚力として発動が出来ると、試しに走ってみることにした。


「うああああああ!? 速い!?」


軽く走っただけなのに、自転車を立ちこぎしたほどの速さと同等であった。 愛理はそのまま止まれないと焦っていた。


「どどどどどどうしよう!?」


焦っていた愛理は、地面に落ちていた小石に躓いて湖に落ちてしまった。 勢いよく湖に落ちた愛理は、服が水でずぶ濡れになっているも、少しライトスピードが発動したことの方が嬉しくて濡れたことについては気にしていない様子であった。


「やった! なんとか脚力は出来た!」


濡れた服など気にせずに喜んでいると、愛理の湖に落ちた姿を見ていた老夫婦が、大丈夫かと近寄ってきていた。


「大丈夫かい? 凄い速さで湖に落ちたみたいだけど?」


腰が曲がって杖をついている白髪の年老いた女性が、隣にいる白髪の年老いた男性の持つ鞄から、タオルをもらって愛理に手渡した。


「あ、ありがとうございます……魔法の練習をしてたら、勢いあまって落ちちゃいました」


照れながら言う愛理に、老夫婦はクスクスと小さく笑っていた。 気温は暖かいけど、冷えたら風邪引くから早く帰りなさいと言ってくれて、タオルはあげるから拭いて帰ってと言う。


「ありがとうございます! ご迷惑をおかけしてすいません!」


湖から上がって老夫婦に頭を下げると、若い子を応援するのは当たり前と言ってくれた。 その言葉が嬉しくてなんでも頭を下げていると、遠くからお姉ちゃんだと叫ぶ声が聞こえた。


「え!? その声は奏!?」


突然呼ばれて驚く愛理に、奏は笑顔で愛理の元に駆け寄って抱きついた。 その様子を見た老夫婦は、気をつけてねと一言愛理に言い、その場を離れた。


「ありがとうございました!」


そう言い再度頭を下げた愛理は、奏に何でここにと聞いた。 すると、お姉ちゃんの服濡れててなんか臭いと言いながら撮影だよと教えてくれた。


「今日は昨日見せたドラマの撮影が延期になったから、雑誌の表紙の撮影に来たんだよ」


奏の後ろには撮影機材を持っている人達が沢山いた。 愛理はその人達がカメラマンなのかメイクする人なのか分からず、凄いねとしか言えなかった。 愛理が撮影隊を眺めていると、奏に声をかける女性が現れた。


「お姉ちゃんって言ってたけど、前にいる人が噂の愛理さん?」


そう聞かれた奏は、そうだよと元気よく頷くと、愛理の左腕に抱きついて自慢のお姉ちゃんと言った。


「そうなんだ。 あ、初めまして。 私は奏さんのマネージャーの赤城です。 よろしくお願いします」


そう言い手渡された名刺には、第一事業部主任マネージャーと書いてあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます