第8話 妹の夢と特訓

カレーを食べ終わると、奏と共にリビングでテレビを見ていた。 奏は、突然今ドラマの撮影をしているんだと愛理に突然言う。


「ドラマ!? やったじゃない! 念願だったドラマ出演!」


愛理は奏に抱き着いて奏以上に喜ぶも、奏は少し悲しそうであった。


「念願のドラマ出演なのに、どうして悲しそうなの?」


そう言う愛理に、奏は主演じゃなくて端役なのよねと言う。 愛理はそれでも出れるのはいいことよと言うが、主演がよかったと奏は言う。


「これから人気が出れば、主演に近い立場になれる!」


その言葉を聞いた奏は、そうよねと言って端役だけど頑張って演じるわと言った。 そして、ちなみにと愛理は言ってどんなドラマなのと聞いてみた。 すると、奏は昔の神話の物語を映画以上にお金をかけてドラマ化するんだってと言う。


「そんなに大掛かりなんだ! 絶対見る!」


愛理のその言葉を聞いて、嬉しいと返す奏。 撮影はもう始まってるからと言って、台本をリビングの奥にある窓際側にある机から持ってきて、愛理に見せる。 愛理が見せられた台本には、表紙に天魔戦争と書かれていた。 昔に起こった空に亀裂が入り、そこから異形の怪物が出現したことに名前はない。


しかし、光の柱から現れた救世主と異形の怪物との戦いを天魔戦争と呼んでいるだけである。 奏の出るドラマは、その天魔戦争をモチーフにしてオリジナル要素を加えているらしい。 奏は役名はなく、友人Aという役名であるらしい。 奏はそれでもオーラを出して演じてやると意気込んでいた。


「奏ならできるよ! なんたって私の妹だから!」


その言葉を聞いた奏は、お姉ちゃんありがとうと言って愛理に抱き着いた。


「奏は抱き着くの好きだよね。 可愛いからいいけど」


そういう愛理は微笑していた。 それから愛理は自室に行くねと言って部屋に戻っていく。 自室に戻った愛理は、もうすぐ休みが終わると嘆いていた。 学校に行けるとはいいけど、まだライトスピードをマスターしていないから、練習する時間が無くなるのが悲しかったからである。


「さて、明日は図書館じゃなくて近所の公園でやろうかなー」


愛理は明日が来ることに胸を躍らせながら、風呂に入って寝ることにした。


翌朝目が覚めた愛理は朝食を食べると、近所の公園に行ってくるねと家族に言う。 何をしに行くのと聞かれた愛理は、魔法の練習と返す。


「もう練習してるのね。 根を詰めすぎて倒れないようにね」


そう言われた愛理は、母親の楓に昨日倒れたことは言わないでおこうと決めた。 奏は、撮影があるからもう行くねと愛理より先に家を出ていく。 待ってと奏を追いかけようとするも、奏の姿は既に見えなかった。 愛理は母親に行ってきますと言うと、奏に続いて家を出ていく。


愛理が行こうとしていた公園は、家から徒歩五分程度の距離にある桜並木公園という名前の公園である。 春になると公園の側に植えてある桜が大量に咲き、近所の人達や遠方から見に来る人がいる程に人気な公園である。


「この公園昔よく来てたなー。 最近忙しくて来れてないけどまた家族みんなで来たいな」


そんなことを考えながら、広い公園内を歩いて行く。 公園内の中心部にある湖の側に到着した。 周囲に草花が咲いているその中心部にある神秘的な湖が愛理は好きであったことを思い出した。


「ここで練習したら捗りそう!」


そう決めると、愛理は魔法書を取り出して改めてライトスピードの欄を見始める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます