第7話 特訓後

気絶をした愛理が次に目を覚ますと、そこはベットに寝てカーテンがかけられている部屋であった。 愛理はここはどこだと周囲を見渡すと、愛理の動きに気が付いたのか、黒い髪をポニーテールに結んでいる愛理より少し身長が高いやせ型の女性が現れた。


「やっと気が付いたかな? 君は地下一階で気絶していたんだよ?」


そのことを言われた愛理は、魔力と精神力が限界だったんだと察した。 そして、女性はここは図書館の医務室だと教えてくれた。


「あなたは魔法の使い過ぎで、魔力の枯渇によって倒れていたのよ。 魔力は使いすぎると身体に付加がかかりすぎるから」


そう言い愛理の心拍音を聞いたり目に光を当てると、もう大丈夫ねと愛理に言う。


「ありがとうございました。 魔力の使い過ぎに気を付けます……」


その言葉と共に医務室を出ていくと、そこは図書館の一階の奥にある部屋であった。 愛理はそのまま図書館の入り口まで歩いて出ていくと、突然魔法書を見なければいけないと思った。 なぜだかは分からないが、魔法書の一ページ目を開いて見なければいけないと感覚的に感じていた。


愛理は魔法書を鞄から取り出して一ページ目を開くと、その隣の二ページ目にライトスピードという魔法名と解説が浮かんでいた。 ライトスピードは初級の身体強化魔法で、簡易的な身体強化魔法だと書かれ、筋力や脚力が上昇し多少の恩恵を得ると内容が書かれていた。


魔法書を読みながら歩いていると、知らないうちに駅に到着していた。 愛理はそのまま駅に入り家に帰ることにした。 魔力を使いすぎて気絶までしていたので身体が怠く、案山子に殴られた腹部の痛みが今頃になって発生し始めていた。


「お腹が痛い……あの案山子容赦ないわね……」


鈍く痛む腹部を摩りながら、電車に乗って家路を急いだ。 早くベットに入って横になろうと思ったために、最寄り駅に到着をしたら走って家を目指した。 愛理は家に到着をすると、すぐさま自室に入ってベットに飛び乗った。 疲れたわと呟きながら、魔法書を取り出してライトスピードの欄を読み始める。


「ライトスピードって初級と書いてあるけど、絶対難しい魔法よね……」


魔法書を腹部に置いて、ライトスピードを発動するシミュレーションをし始める。 どのように発動をしたり、強化されたときのイメージをしていた。


「筋肉モリモリとかにならないわよね……腕や足が今の五倍とかになったら泣くわ……」


枕に顔をうずめながらそんなことを考えていると、自然と眠ってしまった。 精神的な疲れや、魔力の枯渇による気絶の影響もあり、愛理は知らず知らずのうちに体力的に精神的に限界を迎えていた。


愛理が寝ている最中、部屋の扉がノックされても気づくことはなかった。 愛理の側に近寄ってくる人影は、うつ伏せに寝ている愛理の背中に飛び乗った。


「ぐぇ! 一体何なの!?」


愛理は力を入れて身体を起こすと、そこには奏がいた。 奏は、舌を出して愛理にごめんねと手を合わせながら謝る。 謝ったと同時に奏は、お母さんがご飯作ったって言ってたよと言う。 奏は早く下に降りようと言うが、愛理は奏が背中に乗ってきた衝撃で背中が痛いと摩っていた。


奏は背中ごめんねと言いながら、氷魔法で小さな氷を作り出して愛理の背中に当てた。 奏のその魔法を見て、愛理は便利だよねその属性と話しかけていた。


「うん! 凄い便利! 私の芸能活動ともマッチするし、凄い助かってる!」


良い笑顔で言う奏を見て、愛理は私も氷属性がよかったなと思うが、氷は私に似合わないとすぐにやめた。


「さて、下に降りますか」


そう言い、奏と共に下の階に降りる。 晩御飯は愛理の好きなカレーであった。 愛理はやったと喜んで、一気に食べ進めていた。


「ちょっと! お行儀が悪いわよ!」


愛理のその食べ方に楓が起こるも、愛理は美味しいのが悪いんだもんと言ってさらに食べ進める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます