第5話 図書館の地下にて

階段を下りて地下一階に到着をすると、そこには看板で魔法練習所と書かれていた。 愛理は練習所ってどんな感じなんだろうと想像していると、バッティングセンターのように、一人ずつの場所が用意してあり、様々な用途やシチュエーションに対応が出来るようであった。


その階層は壁が白色で、とても広い大きな部屋であった。 一人ずつの部屋の広さは横長の縦十メートル横幅五メートルの部屋が十個ほどあった。 愛理はその中の空いている一つに入る。 すると、愛理の立った横に地面から勢いよく小型タッチパネルが出現した。 それに驚いた愛理だが、そのタッチパネルには様々なシチュエーションが記されていた。 愛理はその中の一つである案山子を選択した。


「どこでも見る案山子みたいね……」


愛理が選択した案山子は、奥の壁が開いて出現した。 愛理の手前一メートルで止まった案山子は、その場で何も動かずにいる。


「動かない案山子を選択したから、動かないのね」


愛理は案山子に先ほど覚えた魔法をしようと考えていた。 どれだけ危険かわからないし、実践で自分が使用できるかもわからないからである。


「よし! 始めましょうか!」


意気込んで覚えた魔法名を口にする。


「ライトソード!」


そう言葉を発すると、自身の右手に周囲から光が集まっているのが理解できた。 しかし、数秒経過しても光が固定化しなかった。


愛理はなぜライトソードが発動したのに剣が発現しなかったのか考えることにした。 なぜ発現しなかったのか……愛理はそれを考えていると、魔法を発現する時にイメージが出来ていないと思った。


「私のライトソードのイメージか……私のイメージ……」


愛理は、ライトソードのイメージを右手から伸びる光の剣と決めた。 右手首から白色の五十センチほどの長さまである剣をイメージした。 すると、五回目に挑戦したところでやっと形になってきていた。 愛理はもっともっとと集中するも、途中で集中力が切れてしまって集めていた光が拡散してしまう。


「はぁ……はぁ……疲れた……でも、なんとか形にはなってきた!」


愛理はその場に座って、魔力の消耗が激しいのか辛そうにしていた。


「連続で何発もするのは身体が堪えるわ……でも、新しい魔法を使えるのは嬉しい!」


愛理はもらった魔法書のことを考えて、より多くの魔法を覚えて使えるようにしていこうと考える。 そして、数分休憩した後に再度ライトソードの修得に勤しんだ。 さらに五回ほど挑戦をしていると、やっと光の剣の形を留めることに成功をした。 愛理はその場でやったと喜ぶと、目の前にいる案山子目掛けて試し切りをしてみようと考えた。


愛理は発現したライトソードを案山子めがけて振るうと、案山子の身体を切り裂くどころか、物理的に衝突しただけであった。


「ぶつかっただけ!? 切り裂けなかった!?」


愛理は何でなのかと思って、ライトソードを刃を恐る恐る左手の指で触ってみた。 すると、指先が切れるどころか刃が潰れていて鈍器のようであった。


「何なのこれ!? 刃が潰れてる!?」


愛理は一度魔法を解除した。 魔法書を開いてライトソードの欄を見ると、光の剣と書かれていて、魔法書の一ページ目に魔法は想像力と精神力が大切だと書いてあった。


「想像はしたけど、まだ光の剣を完成させる精神力が足りないのね」


愛理は刃が潰れていた理由を突き止めたので、もう一度再挑戦することにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます