第3話 勉強日和

正人が揃ったことで、晩御飯は楽しく食べることが出来た。 愛理は食事を勧めながら、先ほど見た奏のCMのことを親に話すと、恥ずかしいからやめてと奏は言った。 しかし、テレビで奏のCMが流れると、奏がテレビを消そうとするがそれを愛理が阻止して、両親はそのCMを凝視している。


「これが奏が最近撮影していたというCMね! すごいじゃない! 氷の氷晶をうまく使って奏を綺麗に引き立ててる!」


楓と正人は奏は芸能界楽しんでるようでよかったと安心をしていた。 愛理のことも志望していた学校に合格をして、両親は安心をしていた。 しかし、魔法を実践的に学ぶこともある学校でもあるので、怪我の心配をしていた。 また、武器もあつかうのでそれを愛理が出来るのかとも思っていた。


「私合格して嬉しいわ! これから魔法を勉強して、この世界に貢献できるように魔法文明の発展に尽力していくわ!」


愛理のその言葉にその場にいる全員が、無理しすぎちゃダメだからねと釘を刺していた。 その言葉を聞いた愛理は、分かりましたと言って、奏のCMだとテレビ画面を指さした。


翌日学校に到着をすると、教員室にて担任教師に合格したことを伝えた。 すると、この学校でお前だけあそこに合格したぞと喜んでいるようであった。 愛理はそうなんですかと驚いた顔をしていると、教頭先生が近寄ってきて合格おめでとうと言ってくれた。 愛理は教頭先生にもありがとうございますと返答をすると、君は当校の自慢の生徒だよと言ってくれた。


「ありがとうございます! では、これで失礼します!」


教員室を後にして教室に戻ると、愛理は隣の席に座る女友達に、どこ合格したのと聞かれると、含み笑いをした後に星空学園高等学校だよと言った。 すると、女友達はすごいと言ったあとに魔法をもっと習いたいって言ってたもんねと言い、私は私で頑張るからお互い頑張ろうねと言ってくれた。


愛理はそれが嬉しくてありがとうと言返した。 それから授業が始まり、数日が経過し、終業式の日がやってきた。 愛理はこれから八日間の春休みの間に光属性のことや、自身で持つ武器には何がいいか調べる期間にしようとしていた。


終業式は華々しく終了をし、愛理も友達たちと涙を流しながら卒業証書を持って学校を後にしていた。 これから夢のために動くことや友達たちと会う機会が減るのは悲しかったが、夢のためには仕方ないと割り切るしかなかった。


終業式の翌日、春休み期間に突入すると、奏が早朝五時に仕事で家を出ていった。 愛理は奏が出て行ってから二時間後の朝七時に目が覚める。 かけていたアラームを寝ぼけながら止めると、入学式までの少ない日数で光属性や扱う武器を調べなきゃと目を擦りながら考えていた。


「この日本の全ての本が揃っているといわれる、国立日本図書館で調べるのがいいかなー」


愛理はそんなことを考えながら、身支度を整えて家を出発した。 近くの図書館ではなく、国立日本図書館に行くことに決めた愛理は、電車を乗り継いで国立日本図書館がある浦部駅に辿り着いた。


浦部駅は美術館や映画館、図書館など文化に満ち溢れた町として有名である。 愛理はそこの駅に一時間ほどかけて辿り着くと、すぐに国立日本図書館に赴いた。


国立日本図書館は、全面ガラス張りで形は地上五階建て、地下三階の長方形の形をしている。 外から見てみると図書館には一見して見えないが、ここが図書館であると、入り口前の立て看板が示してくれた。


入り口のドアを潜ってゆっくり歩くと目の前に受付が見えた。 その受付に座っている女の人に話しかけると、入館カードはお持ちですかと聞かれる。


「持っていません……」


愛理が困ったように言うと、受付の女性はすぐにお作り出来ますのでご安心をしてくださいと言ってくれたので、愛理は胸を撫で下ろした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます