レーヴハーモニー黒羽愛理と希望の星

出雲

第1話 少女の苦悩

中学校三年生、黒羽愛理十五歳は現在自室にて困惑している。 その茶色の肩まである長さの艶がある綺麗な黒髪を振り乱しながら、自室の机の前に置かれている一枚の洋型封筒を両手で握り締めていた。 その封筒の表面には、国立星空学園高等学校入学試験結果と書かれていた。


愛理は目鼻立ちがハッキリしている二重の大きな目を見開きながら、目元を強調する眉間に力を入れて逆八の字にしている。 そして、適度な筋肉がついていてる綺麗なくびれが特徴的な愛理のスタイルを際立たせている白いシャツに冷や汗が付き、履いている半ズボンから伸びている細い足が微かに震えていた。


「私の人生がこの一枚の紙に書かれているのね……見たいけど見たくない……」


紙を左手で掴みながら右手で自身の綺麗で艶のある髪を掴んでいると、不意に自室のドアが開いて、妹が愛理に飛びかかってきた。


「お姉ちゃんの受けた学校の結果が出たと聞いて、早く仕事から帰って来たよ!」


仕事から帰ってきたのは一歳年下の妹、黒羽奏。 彼女は中学校二年生ながら、その姉である愛理に引けを取らない可愛さとスタイルの良さにより、アイドルにスカウトされて学業と両立しながら活動をしている。


奏は愛理とは違い背中に届くまである長さの髪をしており、髪色はピンクである。 前髪は右わけの斜めバングをしている。 奏は髪型も相まって愛理と同じく、目鼻立ちがハッキリしている美少女と近所で有名であり、今一番勢いがあるアイドルだとも言われている。


身長は愛理よりも若干小さいが、その小ささがちょうどいいと人気が出て、愛理と同じく小さな顔が羨ましいとよく言われていた。 奏は愛理と同じ中学校に通っており、今は制服を着ているようである。 愛理は既に自室にいるので今はラフな部屋着を着ている。


「お姉ちゃんまだ結果見てないのー? 行きたかった魔法を学べる学校に行けるかもしれないんだよ?」


奏は奥にある窓際に壁に沿って置いてあるベットに寝っ転がって言う。 奏はスマートフォンで魔法学校のことを調べると、お姉ちゃんが受けた学校以外にも沢山あるよと話しかけた。 しかし、愛理はここ以外じゃダメなのと返答をした。


「星空学園高等学校じゃないとダメなの! あの学校は敷地面積が広くて、あのスカイランドと同じ面積があるのよ!?」


スカイランドとは愛理の生きる日本にある、日本一の集客数と敷地面積を有していると言われている遊園地である。 そのスカイランドと同等の敷地面積、東京ドーム八個分に相当する場所に建設されているのが、愛理が受験をした星空学園高等学校である。


「いつまでも悩んでないで、早く見たほうが楽になれるよ? あ、私が見てあげる!」


そう言いながらベットから勢いよく起き上がると、愛理の持っている紙を右手に掴んで、取ったと声を上げた。


「お姉ちゃんが見ないのなら、私が見てあげるからね!」


無邪気な笑顔がムカツクと愛理は思いながら、私が見るからいいと奏を部屋の中で追いかける。 すると、初めからすぐ見ればいいのにとクスクスと小さく笑って結果の封筒を手渡す奏であった。


「見るからね……」


そう言って小さな洋型封筒を開けると、そこには合格通知書と入学案内と書いてある小さな紙が入っていた。 その紙を見た愛理は、静かに涙を流すとその場にへたり込んでしまう。 突然へたり込んだ愛理を見た奏は、大丈夫なのとすぐに愛理を身体を支えた。


「不合格だったの!? お姉ちゃんならすぐに別の学校で魔法学べるって!」


その奏の言葉に、愛理は違うのと返した。 愛理は持っている紙を奏に見せるとその紙に書いてある言葉を見て奏も驚きの声を上げた。


「やったねお姉ちゃん! これで念願の魔法を本格的に学べるよ!」


奏が喜ぶのも無理がなかった。 愛理は小学校で初めて魔法の基礎を学ぶと、その奇跡にも近い事象に愛理はすごく感動をしていた。 中学校ではより基本的な魔法の事柄を学ぶと、高位な魔法を学びたいことや、魔法を使って人に喜んでもらいたいと考えるようになっていた。


高校受験の時期になると、愛理は魔法を学べる日本一の学校を調べていると、星空学園高等学校が出てきた。 この学園は、日本で高名な魔法学者に教えてもらえることや、魔法の研究施設も併設されていて、魔法の研究も授業に組み込まれている。 そして、魔法の実践的な学習も取り入れていて、武器を用いた魔法の運用なども教えてくれることになっている。


愛理は魔法を学び続けるためや夢を叶えるために星空学園高等学校に通うために、塾に通ったり独学で魔法の勉強もして筆記や実技試験に挑んできた。 その結果の集大成である合格通知をもらって、愛理は嬉しくて涙が止まらなかった。 それを見ていた奏はお姉ちゃんおめでとうと再度言い、これで夢が叶うねと愛理を抱きしめた。


「ありがとう奏……これで私は魔法を学べる!」


そう決意をすると、ドアを叩く音が聞こえた。 何かあったのと女性の声がすると、愛理がママと呼んだ。 ママと呼ばれた女性は黒羽楓であった。 楓は、愛理と奏に顔が似ていて、愛理を大人にしたような雰囲気を持っていた。 そして、身長は愛理ほどであり、背中の届くほどの長さの黒髪をして、前髪はパッツンに切り揃えていた。


「ママ見て! 私合格した!」


そう言って母親に合格通知書を見せると、自分が喜ぶ以上に楓は喜んでくれた。 愛理に抱き着いた楓は、これで通えるわねと言い、今日は豪華な晩御飯にするわねと言う。 既に夜七時を回っているものの、晩御飯を作るのを途中でやめて服を着替えてすぐさま家を出ていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます