小説家入門(仮)

作者 キタハラ

ずっと読みたいと思っていた

  • ★★★ Excellent!!!

まず、カクヨムで人のページに飛んだ時、「さぁて、どれ読もっかなぁー」ってドーナツ屋スタンド前に立つとっぷり太った黒人刑事みたいに両手の平を擦って物色する時ってあるじゃないですか?

何を読むか、星の数とか題名とか、あらすじで決める事もあるかと思います。でも真っ先に「これこれ!」って言うのはあんまりないですよね。

そういう時、小説とエッセイ、両方が置いてあったらまずエッセイから読む人間がこの世に存在します。例えば僕だ。

エッセイは小説に比べて下に見られがちだけど、めちゃ面白いと思うんです。人の考えや人となりがこれ程露わになる事って、日常生活において他に何もない。キタハラさんの場合、僕は偶然小説から入ったので「めちゃ面白い小説書く人や! エッセイないんかエッセイ!」って思ってたんですけど、ずっと無かった。短編集Kid Aの幕間に挟まれる極短い「計画」群位にしか筆者様の主義主張や生活感が現れてなくて、「秘密主義の寡黙な人なのかなぁ」と思っていた。

満を持してこのエッセイであります。
肩肘張らず、あまりに多くを語らず、日常生活の一コマを切り取っていらっしゃる。本当に日記のような記録。でもその記録や思いの記述の端々から、「ここ、もっと書こうと思ったら10万文字はいけまっせ」というような雰囲気が感じられる。が、1話1話は短く、読者の「もっとちょうだい! もっとぉ〜」感を残して次へと進んでいく。大変焦らし上手だ。まさにキタハラファン必読のエッセイ集。是非その掌の上で転がされる感を一緒に味わいましょう!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

江戸川台ルーペさんの他のおすすめレビュー 375