小説家入門(仮)

作者 キタハラ

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、カクヨムで人のページに飛んだ時、「さぁて、どれ読もっかなぁー」ってドーナツ屋スタンド前に立つとっぷり太った黒人刑事みたいに両手の平を擦って物色する時ってあるじゃないですか?

何を読むか、星の数とか題名とか、あらすじで決める事もあるかと思います。でも真っ先に「これこれ!」って言うのはあんまりないですよね。

そういう時、小説とエッセイ、両方が置いてあったらまずエッセイから読む人間がこの世に存在します。例えば僕だ。

エッセイは小説に比べて下に見られがちだけど、めちゃ面白いと思うんです。人の考えや人となりがこれ程露わになる事って、日常生活において他に何もない。キタハラさんの場合、僕は偶然小説から入ったので「めちゃ面白い小説書く人や! エッセイないんかエッセイ!」って思ってたんですけど、ずっと無かった。短編集Kid Aの幕間に挟まれる極短い「計画」群位にしか筆者様の主義主張や生活感が現れてなくて、「秘密主義の寡黙な人なのかなぁ」と思っていた。

満を持してこのエッセイであります。
肩肘張らず、あまりに多くを語らず、日常生活の一コマを切り取っていらっしゃる。本当に日記のような記録。でもその記録や思いの記述の端々から、「ここ、もっと書こうと思ったら10万文字はいけまっせ」というような雰囲気が感じられる。が、1話1話は短く、読者の「もっとちょうだい! もっとぉ〜」感を残して次へと進んでいく。大変焦らし上手だ。まさにキタハラファン必読のエッセイ集。是非その掌の上で転がされる感を一緒に味わいましょう!

★★★ Excellent!!!

エッセイの楽しみは、著者の人となりに触れられるところではないかと思う。
作家として、脚本家として活躍中のキタハラ先生を、十二分に満喫できるエッセイ。

レビュー記載時の題名は『小説家入門(仮)』。
第一話で本作は『日記』と定義されているが、身辺の出来事や所感を、筆のおもむくままに綴った文章をエッセイと呼ぶならば、日記もまたエッセイたりうるはず。
そう、これは、キタハラ先生の私生活と嗜好を赤裸々に語ったエッセイなのだ。

著者はなにかの折に、「エッセイ苦手なんだよね」と言っていた。
すかさず、「書こうと思えば書けるくせに」と返したような気がする。
自分を見くびらせる術を知っている著者が、そして何よりも自分大好きな著者が、おもしろいエッセイを書けない訳がない。

現在、八話まで進んでいる。
題名が示すとおり作品としての方針は、いまだ定まっていないように見える。
だが、それで良いのだ。
それでこそ、著者の試行錯誤や、思考変遷をたどることができるのだから。

話を重ねるごとに、どんどん面白くなっていくはずだ。
もう一度いうが、自分を見くびらせる術を知っている著者が、そして何よりも自分大好きな著者が、おもしろいエッセイを書けない訳がないのだから。