第98話 幕間② 飛翔 そして―――


 シン・シンラの一撃。

 


 ≪鬼神回教攻≫



 方術士が放てる魔法でも最上位。 


 加えて通常ではありえないほど長時間の詠唱強化……


 その威力は堕天したとは言え、神の尖兵にどれほどのダメージを与えられたのか?


 周辺の地形すら、易々と変動させる威力ゆえに、大量の砂煙が堕天使の姿を隠して確認はできない。


「やった……のだろうか?」とシンラ。


 自身の言葉に半信半疑である。


 普段なら攻撃後に隙を作らぬ彼女だったが……事態が事態だ。


 限界までに張り詰めた緊張の糸。それがプツリと途切れた直後。



「いや、まだだ!」とベルトの声が響いた。



 だが、ベルトの声ですら――――音速よりも速い光速の一撃がシンラを貫いた。


 「ぐっ……がっ!」と苦痛の声をシンラがあげた。



 「シンラ! 無事か?」


 「あぁ、急所は外れた。だが、肩をやられては……」


 「――――ッッ!?」



 彼女の魔法――――方術には数々の制約によって強化されている。

 片手が使えなくなると使用ができない魔法も少なくない。


 彼女は傷口に札を貼り、癒しの術を使う。

 ベルトも雑嚢


から回復薬を取り出し、シンラに渡す。

 ――――しかし、敵は待ってくれない。


 視界を遮っていた土煙が――――



 「手元が狂ったか……こうなっては仕方もあるまい」


 

 晴れていく土煙の中、人影が揺らめいた。

 ――――いや、それは人影などではない。

 片腕と欠損し、背に生えた翼も千切れ落ちている。


 

 「たった一撃で幽体の9割を奪っていくとは……俺より、人間の方がたちが悪いじゃないか」



 堕天使は残った片手をベルトに向ける。

 シンラを襲った攻撃と同じ。 ――――その正体は圧縮さえた光魔法。


 要するにレーザービームだ。


 今度は、それがベルトを襲う。


 だが、堕天使の攻撃よりも速くベルトは動いていた。

 避けるためではなく、攻撃のための踏み込み。



 飛翔。



 それも前方へ――――大きく飛び込んでいた。


 虚を突かれた堕天使のレーザーがベルトから外れる。

 


「だが、貴様が俺の間合いに入るまで3発は放てるぞ!」


 

 堕天使が浮かべた笑み。それは強烈な笑いだった。

 勝利を確信し、なおも敗者は辱めようとする恥知らずだけが浮かべれる笑い……


 そして、それは実行された。



 「人間風情が……今、死ぬがいい!」



 その片手が光り輝き、ベルトに向けて発射――――できなかった。


 爆音と衝撃。


 残った片腕も弾け飛び、文字通りの無手になった彼に、果たして何が起きたか理解できたのだろうか?


 それは光魔法の暴発。

 

 無論、偶然ではない。


 宙には、ひらり~ひらり~と札が舞い落ちている。

 

 札に仕込まれた術式は、魔力の暴走を促す物。


 簡易的に魔法を暴発させる罠(トラップ)。



 「~~~~ッッ!? 貴様の、貴様の方が本命か!」



 天使はシンラに向けて敵意と殺意を込めた声を放つ。

 

 一方のシンラは「いいや、本命は私ではないさ」と朗らかな表情を見せた。


 そう――――本命であるベルトは、既に間合いを詰めていた。


 空中姿勢を縦から横へ。きりもみ状態のように1回転2回転――――


 そして、3回転目の瞬間、上から振り落とすような軌道で蹴りを放った。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます