第29話 メイルは夢を見る


 徐々に、意識は薄れていく。


 まどろみの意識、真っ暗な画面スクリーンが広がる。




 メイルは夢を見る。




 それは幼い日の夢。 


 年は離れていたけれども、大好きだった姉の夢。


 姉、カレン・アイシュは綺麗だった。




 「おいでメイル!」




 家の近く、広がる草原。


 世界の一部では魔王が現れ、モンスターが暴れている……そんな話を両親はしていた。


 両親は娘たちにも「気をつけないといけないよ」と強い口調で言っていた。


 しかし、ここは、まるで世界をハサミで切り取ったかのように平和で安全だった。




 「ほら、メイル……プレゼントだよ」




 そういうと姉は、いつの間にか作った花飾りをメイルの頭に乗せる。




 「ありがとう! お姉ちゃん!」


 「やっぱりメイルには可愛い物が似合うね」




 それは存外に自分には似合わないと言っているように聞こえた。


 ――――いえ、私、メイルは知っていたのです。


 姉はスラリと伸びた手足。凛とした顔立ち。そして男勝りの性格。


 両親からも「カレンは男に生まれれば良かったのにね」と悪意のない言葉をかけられた育った姉。


 でも、そんな姉は女性なのです。むしろ、乙女をいう言葉は私よりも姉の方が相応しい言葉だったと私は思っています。




 (そんな姉に秘密のプレゼントをしよう!)




 当時の私は、そんな事を考え――――


 実行しました。




 (秘密なんだから夜に家を抜け出して作らないと!)




 なぜでしょう? 幼かった私は、そう考えて姉も両親も寝静まった夜に家を抜け出した。


 夜は怖かったけど、ワクワクが強かったです。


 ランタンの光だけが頼りに目指したのは川。


 この村での川は珍しい石が取れるそうです。


 私は、その1つを――――特に綺麗な石を持って帰って、ネックレスにするつもりでした。




 そんな子供に対して、向えたのは残酷な現実でした。


 夜道を走る子供はモンスターにとって餌でしかありません。




 ぐるるるる……




 生物の唸り声。気がつく四方八方から聞こえてきました。


 野犬? と当時の私は思いました。


 止めればいいのに、私はランタンの光を唸り声の方向に向けてしまったのです。




 そこにいたのはモンスターでした。




 人間のようなに二足歩行。でも頭は犬――――いいえ、狼でした。


 後から聞けば人狼ワーウルフと言われる夜に凶暴性を増すモンスターだったのです。


 逃げ出す事はできません。 完全に囲まれています。 そして、獲物を恐怖で怯えさせるためだけにジリジリと近づいてきます。


 私に出来た事は、その場にしゃがみ込んで叫び声を上げるだけです。


 私は食べられる。 そう絶望しそうになった時です。




 空から何かが落ちてきました。




 「お嬢ちゃん……大丈夫か?」




 信じられない事に落下物は人間でした。


 私は頷くだけで精一杯でした。それどころか――――




 (もしかしたら私は夢を見ているのかしら? それとも天使さま?)




 そんな事を考えていました。


 それから、その男の人はあっという間に――――


 強い風が吹いたと感じている間に――――




 人狼たちは倒れていました。




 「もう、ここは安心だ。さぁ、家に帰ろうか?」




 彼は手を差し出してきました。私は反射的にそれを掴んで、それから――――


 泣き出しました。




 その後のことは良く覚えていません。


 気がつけば朝で自分のベットで目を覚ましました。


 でも、夢ではありませんでした。このあと、お母さんに酷く怒られました。


 怒られた後にギュッと抱きしめられました。




 「良かった。本当に無事でよかった」と初めてお母さんが泣いているの見ました。




 「私を助けてくれた男の人は?」




 私は泣いているお母さんに聞きました。今考えると無神経かもしれません。




 「あの人はね……偶然、村に止まっていた冒険者さんなんだって。本当はギルドに依頼しないといけなかったんだけど、あの人はギルドには秘密ですって助けてくれたのよ」




 その日、お母さんと私とお姉ちゃんは冒険者さんにお礼に行きました。


 でも会えませんでした。 もう、冒険者さんは村から旅立ったあとでした。


 名前もわかりません。 でも夜になるとお姉ちゃんが、こう言いました。




 「メイル、冒険者さんに会いたい?」




 「うん」と私が頷くとお姉ちゃんは「そっか、そっか」と満足げでした。


 それから――――




 「私がもう少し大人になったら、メイルを助けてくれた冒険者を探しに行く。絶対、メイルと会わせてあげるからね」




 それから数年後、本当にお姉ちゃんは村を出て行きました。


 さらに数年後、お姉ちゃんからの手紙が届きました。




 「彼を見つけた。私、彼を結婚する!」




 この手紙を受け取った私の感情はグチャグチャでした。


 喜び……その中に、ほんの少しだけ嫉妬が混じっている事に衝撃を受けたのです。




 ・・・


 ・・・・・・


 ・・・・・・・・・




 次に手紙が届いたのは、姉の死を知らせる手紙でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます