第17話 西へ――― 出発


 「そんな! 西のダンジョンで勇者たちが攻略に失敗されたなんて!」



 メイルは大声を上げた。


 その事を予想していたベルトは、帰り道で人気が少なくなってから特別指令(ミッションの内容をメイルに伝えたのだ。


 暫く「あわわ……」と混乱していたメイルだったが、大きく深呼吸を1回して冷静さを取り戻した。




 「それをどうして私に伝えたのですか?」




 メイルは首を傾げた。


 特別指令ミッションは他言無用のはずだ。


 妹だからといっても喋っていいはずがない。そして、それをSSSランク冒険者であるベルトが容易く破るはずもない。




 「いや、お前はどうするのか? そう思ってだな」




 ベルトは平然と言った。




 「私が? どうする? ですか?」


 「俺とお前は冒険者としてコンビを組んだ。 なら、お前にも俺と一緒に来るのか? それとも家で帰りを待っているか? 2つの選択肢を問うのは当たり前の事だろ?」




 「――――?!」とメイルは絶句した。


 初心者冒険者である自分が勇者救出の大役を向かうという選択肢。


 そんなものが与えられるとは夢にも思っていなかったのだ。明らかに、自分には実力不足――――




 「俺は、お前がどちらを選んでも構わない。ただ、一緒に向うと言うなら、絶対に守りきってみせる」




 この時、メイルはこう考えていた。




 (一体、この人は何を根拠でそんな事を言い切れるの? なぜ、そんなに自信を持てるの?)




 そして、彼女の選択は――――


 彼女自身が後に思い出しても、どうしてそれを選んだのか? と不思議に思ってしまうものだった。




 「はい、私も勇者さま救出のお手伝いをしたいです」




 ・・・


 ・・・・・・


 ・・・・・・・・・




 翌日、ベルトたちは直ぐに西のダンジョンに向けて出発する。


 最短距離を馬車で飛ばして半日の距離。 朝から出発すれば夜に到着する。


 そのまま、休息を取り、合流した他の冒険者たちと共に西のダンジョンに潜る。


 そういう予定になっている。




 「じゃ、店の事は頼んだぞ」




 馬車に乗り込んだベルトは言う。


 休日を終えてノエルも寮へ戻っている。流石に休業を考えていたのだが――――




 「私に任せなさいよ。これでも、ここ周辺を代表する商人よ」




 後を任せられたマリアは、自信の薄い胸を叩いた。


 一応、彼女がこの店のオーナーだ。


 彼女がやると言えば、ベルトには止める権限はない。


 一言、二言、言葉を交わし、いよいよ馬車が動き出した。


 ゴトゴト……車輪の回る異音が、内部のベルトとメイルにも聞こえてくる。


 「ん?」とベルトは窓を開けた。


 車輪の異音に紛れて、妙な声が聞こえたのだ。




 「お~い、待ってくれよ!」




 奇妙な男が走る馬車を追いかけてくる。


 「誰だ?」とベルトは訝しがるが心当たりはない。


 念のため、メイルにも確認したが答えは「わかりません」だった。


 そして、追いついた男は馬車に飛び乗るとドアを開けて内部に入り込んできた。




 「やぁ! 始めまして! ベルト・グリムさん」




 男は爽やかな笑みを見せ、握手を求めてくる。


 ベルトは握り返さない。 ただ、警戒心を強めるだけだった。




 「お見事! 本当に隙がない。流石、最強の暗殺者を言われただけはあります」




 馬車から叩き出すか? そう考えたベルトの隙を突くように男は自己紹介を始めた。




 「僕の名前はソル。ソル・ザ・ブラッドと言います」


 「……そのブラッドさんが何のようだ?」


 「あれれ? 聞いてませんか? 僕はギルド職員なんですよ。元冒険者なんで現場担当を任されているというか……まぁ、西のダンジョンまでの案内役と思っていただければ……」




 そういうとソルが取り出したのはギルド職員の証明書だった。


 ベルトは手に取って確認するも本物だった。




 「ではでは、短い時間ですがよろしくお願いします」




 そういうとソルは鼻歌を口ずさみながら、窓から外の景色を眺め始めた。


  

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます