扉の向こうの魔法の国

作者 ハト

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

情景描写が美しい物語です。
現実で辛くなった、すさんだ心を、きれいなもので癒してくれるような文体は見事です。
日本の舞台と、インド神話の舞台が織り交ざった物語は、読んでいて神秘的な気持ちになりました。
この小説のテーマは「小さな救い」にあるように思えました。
15000字ほどの、読みやすい物語です。お勧めします。

★★★ Excellent!!!

異世界へ行って主人公が人間的に成長する話です。
とまとめれば多くの話がそうですが、ストーリーはテンポ良くツボは抑えて7話で収束しますし、中高生のよくある悩みを書きつつもちゃんとそれが解決にむかう方向へ成長させます。
この話マジヤバ!