タピオカ流星群

作者 かぎろ

そこは、女子高生ふたりだけ世界——儚く降り注ぐその光

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルと、冒頭の狐面の女子高生に意識にいきがちになるが、そのインパクトを振り払う、少女たちの力強さと儚さ、危うさがじわじわと滲み出てくる。

きらきらとした青春の話ではないのかもしれない。
しかし、この話を拝読し、それでも、と。
女子高生はどんな青春だって、きらきら輝けるのだと感じた。

タピオカと流星群、そして、隣に大切な人がいれば、女子高生はどんな青春をも自分色に彩り、輝かせてしまうのだと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

狐塚ポップコーン洋品店さんの他のおすすめレビュー 180