ピアノのある終着駅

作者 谷川流慕

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全23話

更新

  1. 第一話 羽越喜一(うえつ・きいち)
  2. 1-1 ツメも甘けりゃ煎じて飲みたい
  3. 1-2 ピアノが悲鳴を上げています。
  4. 1-3 おたがいさまってことでいいでしょうか?
  5. 1-4 自己啓発本が何と言ったところで
  6. 1-5 化粧の匂いで味わからないし
  7. 1-6 絵に描いた餅が不味いことはない
  8. 1-7 ニュース番組の容疑者写真はいつも悪人顔だ
  9. 1-8 牡丹餅を見つけた棚は出来れば開けたくなかった
  10. 1-9 現状への不満は口にせずとも伝わるものだ
  11. 1-10 ドラマチックというには冴えないキャラだ
  12. 1-11 やるべきことはやった
  13. 1-12 ペストかコレラって、すごい比喩だ
  14. 1-13 未来、切り開かせていただきます!
  15. 第二話 百瀬結奈(ももせ・ゆな)
  16. 2-1 「やばい」って10代では死語? 私、現役高校生なんですけど 笑
  17. 2-2 いい勉強になったって? 勉強なんて学校の授業で充分よ!
  18. 2-3 そもそも未成年の彼女にどうして酒が買えたのか
  19. 2-4 想像したくないと思えば思うほど、頭に浮かんでしまうのはなぜ?
  20. 2-5 お役所って何だか苦手
  21. 2-6 雨の日のやさしさって身に染みるよね
  22. 2-7 傘を纏める紐、あれなんていうのかネットで調べたら、〝ネーム〟っていうんだって。
  23. 2-8 以前父に「肉まん」って言ったら、「肉まんちゃうで、豚まんやで」って直された……
  24. 2-9 昔、西洋の音楽家は生きるために教会に仕えたけど、その頃日本ではキリシタンは死刑だったのね
  25. 2-10 本当のこと、やっぱり知りたいから