恋してクエスト

作者 宮本 コウ

150

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の美海ちゃんはどこにでもいるふつうの女子高生。誰もが一度は通った青春のイベントの数々を、勉強にスポーツに恋に……等身大の彼女は、私達が過ごしたあの日を一生懸命に駆け抜けます。

可愛らしい彼女の心の独白がとても印象的で、思わず「あーそうそう!そうだよね」と毎回共感させられます。

思わず応援したくなるような、そんな健気さと飾らない魅力をもつ美海ちゃん、彼女だけでなく、女子の日常はクエストでいっぱいなのです……

きっと誰もが共感するこの物語は、誰が読んでも面白く、感動出来る作品だと思います。
あなたもあの日を思い出して、そうそう!そうだよねと言ってみませんか?♪( ´▽`)

★★★ Excellent!!!

 恋する女子高生。美海ちゃんの恋とクエスト。現代ファンタジーパート有り。コメディあり。
 自ら立てたミッションを見事クリアしたり出来なかったり。
 現代ファンタジーパートでは、戦国武将と戦ったり。
 色んな要素詰まってます。
 読みやすくて面白いライトノベルはここですよー‼️

★★★ Excellent!!!

明るく前向きな女子高生の美海。
箸が転んでも可笑しいこの時期の乙女心を余すことなく、ちょっと大げさでコミカルに描かれています。

その筆力たるや羨ましい限りの腕前です。
彼女の暴走はただひたすら大好きな健太のためだけに捧げられ……空回りし、笑えます。

そしてそして、美海だけの妄想&爆走劇かと思いきや……健太視点での語りで思わず「なんとー!」と叫んでいました。
それからの健太が可愛いこと可愛いこと……うふふのふ。

そんな感じで(どんな感じ?)、本当に気が抜けない面白さを秘めた作品です!
続きも追っていきます、更新頑張ってくださいー。^-^

★★★ Excellent!!!

作風に合わせた紹介で失礼します。
そうそう、こんなだった。そんな気持ちよい共感の風が、優しく、時にはおどけて、時には吹きすさんで……この年頃は何でも面白いし、真剣にバカをやったりしてさ、でもみんなで笑って、泣いて、やっぱりバカだねえって言い合ったよね。

という風な、ちょっとレトロですが、その時の空気がちゃんと流れていくのは、書き方でしょう。

読んでいて、突然「そうだったでしょ?この年頃って」とキャラがこっちを向いてくれる。Psもどこか微笑ましくて、作者がチラチラ、と不安でこっちを見てぺこりと頭を下げているような。

物語自体は、途中の織姫と彦星に準えたポップな描写や、いかにもまずそうな冷やし中華作っちゃって……それもまたあるあるだよね、と微笑ましくなります。

まだ、途中ではありますが、作者さまの激励の意味を込めて、レビューをさせて戴きました。

もちろん、ここから先も、弾むようなお話が待っていると思いますから、読みますよ。そして、時折「前頭葉がマヒしたまま」とか高度な比喩を突っ込んでくるので、この物語、油断なりません。それもまた、味があるので、是非読んでみてくださいな。面白いですよ。

★★★ Excellent!!!

なんとことないどこにでもいる普通の女子高生の日常……だからこそ、心の中は大爆発と大暴走の繰り返し!
女子高生の女子高生による女子高生らしい日々と想いと妄想が、等身大で描かれたお話です。まさに恋には試練がつきもので、恋のクエストをクリアするために主人公織川美海は時に狂戦士の如くドタバタと、時に暗殺者の如くひっそりと、時に騎士のように正々堂々と立ち向かいます。
恋だけでなく日常的なあれそれも本当にリアルな女の子の日常で、そこに絡むコメディのテンポの良さと勢いに読みながら最高に楽しくなってきます。共感でき、応援したくなり、かと思えばツッコミたくなるし、色々止めたくもなる……この読み手の気持ちをハラハラドキドキと乱してくれるのも美海の魅力のひとつでしょう。
女性読者だけでなく、男性読者にも読んで頂きたい逸品です。普通に見えて実は常になにかと戦っている女の子の内側……是非覗いてみてください!

★★★ Excellent!!!

主人公は明るい性格の女子高生。
女子高生の等身大の気持ちを、ギュギュッと詰め込んだ学園コメディです。

ヒロイン選挙に惨敗してもめげない主人公は、あることを秘かに行い、一発逆転のチャンスを掴む。

果たして恋のチャンスも掴むことができるのか!?

その後の展開に、期待も膨らみます。




(25話 一発逆転文化祭!! 拝読後のレビュー)