間話.どこに?

 それは怜央の居ない昼下りのある時、座らせたシエロにアリータ・コバートが質問をしていた。


「シエロと言ったっけ? アンタ、怜央のなにが良くてわざわざこんなとこまで付いてきたの?何か弱みでも握られた?」

「そうだぜシロちゃん。俺らもそれを聞かないことには引き下がれねぇ……!」


 純粋に不思議に思うアリータと、やや羨ましく思っていたコバート。

その結果がこれだ。

シエロに尋問じみたことをやっていた。


「えーと……別に弱みを握られたとかそういうのではないですよ」

「じゃあなに? 無理矢理?」

「無理矢理……というわけでもないですね。どちらかといえば私がお願いしてつれて来て貰った――ということでしょうか」

「えっ、てことはやっぱり怜央に惚れて!?」


 コバートは食い気味で思わずその場に立ち上がる程の興奮ぶりを見せた。

シエロは頬を赤く染め、恥じらいながらも肯定する。


「そうです……ね」

「くあああっ!」


 怜央を慕う女の子の存在にアテられたコバートは、悶えながら乱暴に座り込んだ。


「んで? 怜央のどんなとこに惚れたってわけ?」


 恋話と分かった途端アリータも興味が湧いたらしい。

さっきよりも前のめりになった姿勢が何よりの証拠だ。


「こう言ってしまっては身も蓋もないのですが……夏目様は恐ろしいほど私の理想のタイプでして。――一目惚れというやつです……♡」

「ぐわあああっあっぐぅうううううあああ!!」


 コバートは耐えきれず、唸りながら自分のベットに飛び込んだ。

言葉にもならぬ言葉を、抱きしめた枕に向かって延々呻き続けていた。

 そんなコバートには冷たい視線が注がれたものの、一瞬で済んだ。


「ちなみにどんなタイプが好きだったてこと?」

「はい。私の理想は人間で、黒髪で、優しくて、身長も同じくらいの殿方が良かったのです。まさかこんなわがままな理想が実在しているとは夢にも思わず……。夏目様を一目見た時びびっと来ました」

「ふ、ふーん? そうなの。へー……それで付いてきたってことなのね」

「――私がいうのもなんですが、少しご一緒して、夏目様は危機管理能力が低いとわかりました。夏目様には私が必要なのです! そうでなければこんな危険な世界……とても1人で歩かせられません!」

(――この子意外と……愛が重い?)


 愛の形も一様ではない。

アリータは思うところもあったが、あえて口をつぐんだ。


「夏目様からギルドを作ると聞いた時、影から応援したい……夏目様を立派な御仁にしたいと思ったのです!」

「そ、そう……。まあ大変だと思うけど、頑張ってね」

「はい!」


 これにて聴取は終了。

シエロも解放され、アリータの中でも納得のいく結果となった。

 ただ1人、コバートについてはその後も悶々としていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます