Column3 「基準」

 「正直な感想を申し上げます」という企画で、企画者は感想を述べているわけですが、作品の中身が面白いか否かを書くよりも、文章の書き方について指摘してしまっている場合があります。きっと、こちらに感想を書いてもらおうと思って投稿された作者様は、「何故、そんなこと書くの?」「これは感想ではなく、批評では?」と首を傾げているに違いありません。


 しかしそこには、大まかなではありますが基準がありまして、どこに該当するかによって、感想の中身をどうするのかを振り分けてあります。そして今回はその「基準」についてお話しようと思います。


 企画者は作品と触れ合ったとき、その作品がどの位置にいるのかというのを「とある作品」と比較して、感想の中身をどのように書くか判断しております。

 「とある作品」というのは、諸事情で作品名を挙げることはできないのですが、ある小説の賞で賞をとられた作品です。企画者はそれを拝読したとき、文章の美しさと心地よさに感動いたしました。

 「とある作品」を投稿された作者様は、プロの作家様ではありませんし、その賞を取ったからと言って、その作品が書籍化になったわけでもなければ、作者様が作家になれたわけでもございません。

 しかし、「とある作品」を読んだ企画者は、今でもその内容が頭に浮かび、読んだ時の感動すら思い出せます。何を申したいのかと言うと、レベルの高い作品だと言うことです。

 賞を取るくらいですから、当たり前と言ったら当たり前ですが。


 とはいえ、同じ作者の別の作品を比較することは可能であっても、他者の作品とを比較することは、本来できることではありません。それ故に、企画者が「とある作品」と比較するのは、「どれくらい作品の内容が伝わってくるか」という部分になります。

 「とある作品」が作品の内容を100%伝えていると仮定したとき、企画に参加された作品は何%くらいに当てはまるのかを見ています。

 それが大体5割を越えない場合は、どちらかというと内容については触れません。何故なら、文章表現の突っかかりの方が気になって、お話の内容が頭に入ってこないのでございます。(申し訳ありません)


 作者様の中には、時折勘違いされている方がいらっしゃいますが、お話の中身が斬新であったら読まれるというのは、それ残念ながらただの願望に過ぎません。中身が斬新であっても、文章がそれ相応の形を成していなければ読んでもらうことはできません。何故なら、お話がどういうものかを伝えるのは「言葉」だからです。

 「言葉」は自由に使うことができますが、ある程度形を整えなければ、混沌とした中に読者を追いやるだけです。そういうお話の中には、読者はいられません。一旦、お話の中に潜ってはみるものの、窒息しそうになるので、出て読むのを諦めます。


 しかし、上記のような作品だったとしても、Web小説であれば読まれる可能性はございます。何故なら、それらがさらりと読んでしまえるものだからです。それは作者にとっても、読者にとっても好都合です。作品は評価されますし、読者は無理して読まなくても、不足分は自身の想像力で補って、を読むことができるのですから。

 しかし、作品を理解しようと思ってしっかりと読んだ場合、これが中々に大変なことです。

 「正直な感想を申し上げます」の企画が始まってから、何作品か読ませて頂きましたが、文章の部分で引っかかるところがあると、内容よりも先にそちらが気になってしまいます。

 もし、「そんなことはない」と仰る方がいるのであれば、作品を読んでみてください。すると、さらりと読んだだけでは分からなかったことが見えてくるでしょう。そして、文法は勿論、おかしな言い回し、また言葉選びなどが大雑把な文章は、読む行為自体が容易でないことがお分かりになるかと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます