花蜜の果てのプリエール

作者 狐塚メゾン

美しくも不条理で残酷な世界に引き込まれます

  • ★★★ Excellent!!!

初めに。
作中にモリオン、血赤珊瑚、セレナイトなどの言葉が効果的に使われています。
ぜひ、それぞれ検索されることをオススメします。
さらに彩り豊かになること請け合います。
また予想以上に危険な小説です。
この作者様は作風の振り幅が大きく、『イケメン妖怪が住むお屋敷でメイドとして働いています』のようなゆるふわあやかしほのぼの逆ハーレム日常系を書いたと思えば、今回のようなひたすら妖しい物語も書いてしまいます。
残酷ではあるのですが目をそむけたくなる残酷さではなく、なぜか美しいのです。
もしくは美しさとは残酷さなのかと思うほどです。
さて、ストーリーですが読んだ人の数だけ答えがあります。
どちらかというと、正しい間違っているを考えるのではなく、この危うい世界の美しさを堪能するのが答えではないかと。
しかし、一読しただけではアレッ? と思い僕は何回も読み返しました。
そうさせる力があります。
そうしてこの世界にハマってしまうのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

波里久さんの他のおすすめレビュー 288