ルビー・レッドは電波に乗って

作者 いっさん小牧

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

動画投稿者、所謂youtuberを主軸に追い出した、異世界転移ファンタジー。
最初はある意味普通のyoutuberのような動画配信を行い、人々との交流と絆を深め……そして終盤では、二国間の戦争を止める程にまでなった。
単純な力でなく、主に動画配信者としての影響力と、人との繋がりによって、最後の結末に至った。
今までの異世界物と違い、動画を介して「人」を中心にしたものとして良い作品だ。

★★★ Excellent!!!

異世界にユーチューバーが転移する。プロローグは滑稽極まりない動画撮影風景。読むときっと思うでしょう、なんじゃこりゃ、と。

しかし転移したユーチューバーはバカばかりやっているわけではありません。広告収入の交渉や動画再生ユーザ層の分析を行う姿は優秀な個人事業主であり、周囲の不幸に一瞬言葉を失う心のひだもあります。

それでも視聴者のために楽しい動画を上げ続けます。

作中で主人公は言います。「ユーチューバーとしての誇りがある」と。それが何かは、作中でお確かめください。

ユーチューバーの誇りを描くのは、作者が同様に自分の作品を皆に共有してもらうワナビとしての誇りがあるからでしょう。ひるがえって、読む自分はどうか。この「カクヨム」に参加することの姿勢を問われる気がします。

そしてタグには「戦争」とあります。私たちの常識が通じない世界で、戦争の中にユーチューバーはいかにあるべきか。見えない答えを探す主人公のもがきがとても熱いです。

と書きましたが、頭空っぽにして活劇としてみてもとても面白いです。映える動画に不可欠な美少女も出てきますし。