ぜんざい

 今日は一月十一日。鏡開きの日ですね。ご存知、飾っていたお餅を食べる日です。うちはもう餅を手作りしていないので、小分けになっている餅を使ってぜんざいを食べました。


 どこでもぜんざいだと思っていましたが、地域によってお雑煮だったりお汁粉だったりするらしいですね。私は豆の形が残っているぜんざいが好きです。


 毎年、ぜんざいは職場で作っていただいて、食べていたのですが、今年は土曜日なのでお昼ご飯になりました。甘さは控えめで、豆の甘みだけで充分です。塩を少し加えたら、いいお味でした。……自分は作っていませんが。


 しかし、まだまだ鍋にたっぷり残っています。きっと三連休はぜんざい三昧になるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

稚智の食べ物備忘録 稚智 @thisa-s

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ