マリア・テレジア

 マリア・テレジアという方はオーストリアの女帝でボヘミアの女王(詳しくはお調べください)。十六人の子供を産んだ方で、マリーアントワネットのお母さんと言った方が私たち日本人にはなじみ深いかもしれません。


 それでそこ方の名前がなぜ、この食べ物備忘録で出てきたかと言うと、マリア・テレジアという名前のコーヒーがあるのです。この方のお名前は東欧を旅しているとよく耳にしました。チェスキークルムロフにある宮殿で飼われている熊にもその名前が付いていました。


 話を戻しまして、そのコーヒーです。コーヒーの上に生クリームがのったものをウインナーコーヒーと言うのらしいのですが、それにさらにお酒のオレンジリキュールを振りかけたものをマリア・テレジアというそうです。


 つまりコーヒーの上に生クリームがのり、さらにお酒がかかっていると。改めて書くと不思議な飲み物ですね。


 ケーキと一緒に飲んだのですが、少量にして欲しいと頼んだにも関わらず、中々のお酒の効き具合。コーヒーを飲んでいるというより、コーヒー風味のお酒を飲んでいる気分でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます