『計画書』

作者 ゴトウ

59

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私はもう40になり、高校生の子をもつ年になった。

先日、オタクの同僚から高校生が小説をかいて投稿し合うコンテストがあると聞き、興味をもった。父である私と口を聞いてくれない娘、その娘と同じ世代の子どもたちは何を考えているのか知りたくなったからだ。

そして、数多くある作品を読んでいく途中でこの小説に出会った。

はっきり言って面白くなかった。他の子の小説のほうが面白かった。ワクワクもドキドキも感じられず、誰にも共感できない(私がおじさんのせいかもしれないが)、そんな小説だった。
 
しかし、次の日頭の中にあったのはこの小説だった。「なぜ、こんな行動をとったのだろう」「なぜ、こんな記述があったのだろう」「この登場人物たちの背景には何があるのだろう」ずっとそんなことを考えていた。

私が読んだ小説で、1番面白くないと感じていたこの小説のことを1番考えていたのだ。もしかしたら、この面白くなさも意図的かもしれないし、おもしろくないと感じたのは私が年寄りだっただけかもしれない。

でも、今は胸を張って言おう。この小説が1番、面白かったと。そして、この感情を共有したい、そう思春期の高校生みたいなことを思ってしまったと。だから、わざわざアカウントをつくり、レビューというものを書きにきた。(なんか間違えてたら申し訳ない)

今度、このサイトを教えてくれた同僚と飲みながら、この小説を読ませてみたいと思う。

このサイト、このコンテスト、それを教えてくれた同僚、この作品の作者、みんなありがとう。いい作品に出会えました。おじさんはHappyです。