第33話

蜘蛛型の機動ロボも、動きを停止させている。


俺たちは、動かないその機体の下を、難なくすり抜けた。


「こっちだ」


ジャンとその仲間たちが、輸送用の平たい荷台に乗っている。


ニールの開発したチートツールが、有効化されていた。


ジャンの手にすくい上げられて、それに乗る。


「これでカプセルの搬送作業をしてたんだ。そこにチートかますなんて、ニールも考えたよな」


禁則が緩く、誰も手を出したがらない転生機。


何より最優先されるその作業は、機動ロボといえども、素直に道を開ける。


「お前たちを、スクールの外に出してやる」


「どうして? みんなで一緒に行こう」


ルーシーが、ジャンを不思議そうに見上げる。


彼は、ふっと笑った。


「俺はピクニックに興味はないし、ここから出て行きたいとも思わない。だけど、自分の行動と生きる意味は、自分で決める」


ジャンが俺を振り返る。


「聞いたぜヘラルド、海の向こうが見たいんだろ? だったら、俺たちが見せてやるよ」


通路の灯りが、一斉に消えた。電力が遮断されたんだ。


一瞬グラリと傾いた輸送台は、すぐに元通りに走り出す。


「ほら、これならちゃんと、非常用電力の使用も、無条件で適応されるからな」


動きの止まった警備ロボたちをなぎ倒して、複数体の機動ロボが追いかけてきた。


「お前たちの、好き勝手にはさせん!」


ヴォウェンの声だけが聞こえる。


一体の機動ロボが高く跳ね上がった。


荷台に飛びつかれる前に、その足元に仲間の一人が転がり込む。


返り血を浴びたロボットは、その機能を急停止させた。


「ねぇ、どうして血が出るの? なんで、血がいるの?」


その問いに、答えなんてない。


「それでも行くと、決めたからさ。ルーシー、君も、その意味を知らなくちゃいけない」


通路を繋ぐ扉が、閉じられようとしていた。


その両サイドには、2体の蜘蛛がはりついている。


蜘蛛たちは扉だけを操作して、道を塞ごうとしていた。


それならば、人間の血液に反応して自動停止させられることなく、作業が続けられる。


「ジャン!」


彼はそのまま、閉じかけたドアを突破した。


閉じようとするドアのセンサーが作動し、ゆっくりと開いて俺たちを迎え入れる。


「あはは、安全設計万歳だな」


蜘蛛型ロボットが、天井を這って近づいてきた。


射線が精密に、荷台のコントロールパネルを狙う。


「飛び降りろ!」


ジャンの手が、ルーシーを引いた。


それを合図に、荷台に乗った全員が飛び降りる。


蜘蛛が俺たちの頭上を占拠した。


「確保します。動かないでください。逃走とみなし、攻撃します」


「あら、いい度胸じゃない」


カズコが立ち上がった。


「そんなはったり、聞き飽きたわ」


彼女が、両腕を広げる。


蜘蛛のレーザーが、彼女の腕を貫いた。


「逃げるなら今よ」


走り出した俺たちの足元を、射線がつきまとう。


カズコは、蜘蛛の脚によじ登った。


「ほら、このままだと、あんたの方が動けないわよ」


ロボットの脚が力強く動いて、カズコは投げ出された。


俺たちを追いかけようとするその脚に、彼女はもう一度飛びつく。


「ルーシー、今度は一緒に、ピクニックに行きましょうね」


カズコが微笑む。


蜘蛛の可動部に、肘を挟んだ。


緊急警報が鳴り響き、蜘蛛がガクリと脚をつく。


転がり落ちた彼女の体からは、赤い染みが広がった。


「前だけを見て、走ってろ!」


ジャンたちは、定点カメラを撃ち落としながら進む。


配電盤を破壊しようと立ち止まった仲間の2人が、追いかけて来た蜘蛛の脚に踏みつぶされに行った。


外への出口は、もうすぐだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます