第26話

「配分を変えるわね」


イヴァは機動ロボたちに、何かの指示を追加した。


迷路の外に待機していたロボットたちが動き出す。


「禁則条件は変更しないの?」


「相変わらず気が早いな」


ディーノが笑った。


新しく投入された機動ロボは、迷路の通路幅に合わせて、体型をコンパクトな車両型に変形させていた。


搭載された電子銃で、仲間の乗るバイクを狙い撃つ。


「災害救助モードに入れかえるわよ」


ディーノとイヴァは、迷路の外、フィールドの隅でライド型の機動ロボに搭乗し、他のロボットたちの操作をしている。


「そこにいるあんたたちも、怪我をしてる仲間を優先して助けてあげなさい」


拡声器から、イヴァのため息が聞こえる。


撃ち落とされた機体の下になった仲間の元に、機動ロボが近寄る。


片腕で機体を持ちあげると、もう一本のアームで体をつまみあげた。


そうなると、人間が体当たりしても、機能を一時停止させたりはしない。


ぶつかってきた仲間を共につまみあげると、フィールドの外に運び始めた。


イヴァの機体が、ディーノの機体に近寄る。


拡声器やマイク越しではない、直接の会話をしようと、二人の距離が縮まった。


今だ! 


俺は、スイッチを押した。


可動式の床面が動き出す。


フィールド上の機動ロボたちは、自身のバランスをとるために、そのハイスペックな演算処理能力を分散させた。


わずかな時間、彼らの動きが止まる。


その瞬間、仲間たちが自分の体をぶつけた。


「バカね」


イヴァのため息が聞こえる。


人間に衝突された機体は、バランスを保ったまま静かにアームを下ろすと、足元にしがみついた人間を拾い上げた。


「これがスクールの警備ロボと、キャンプベースの機動ロボの違いよ。あなたたちがいつもからかって遊んでいたのが、どんなおもちゃだったか、よく分かったでしょ」


つまみ上げた人間を次々と運び出し、収監し終えると、再びフィールドに戻ってくる。


「さ、お仲間の数が半分に減ったわよ。まだ続ける気?」


ディーノが、標準を動き回るジャンの機体に合わせた。


ドンッという発射音と共に、撃ち落とされる。


「ジャン!」


落下する機体から、彼はふわりと地上に飛び降りた。


「悪いが、そろそろ勤務終了時刻が迫ってるんだ」


ディーノは機体から飛び降りると、その足でフィールドを蹴った。


俺が操作していないのに、床板が動きだす。


操作回路をとられた巨大迷路が、床下に消えた。


ディーノの体が、ジャンの目の前に飛び出す。


ジャンは手にしていた強制終了棒を振りかざした。


ディーノはそれを片腕で受け止めると、ジャンの下腹に強く拳を打ち込む。


「対人の喧嘩には慣れてないから、こうなっちゃうのは仕方ないよなぁ」


ふらつくジャンの前で、彼は指を鳴らした。


「人間同士が直接殴り合うなんて、信じられないだろ? だけどな、それをロボットに許すわけにはいかないってんで、最後は生身の人間が必要なんだよ」


ジャンは姿勢を立て直し、細く長い警棒を構える。


「人間同士で傷つけ合っていいなんて、習ってないもんな」


その警棒の先を、ディーノがつかんだ。


彼の長い足が、真横に飛ぶ。


「『子ども』は、あんまり見ない方がいい」


俺の目の前に、機動ロボが立ちふさがった。


アームが伸びる。


俺はその横をすり抜けて、走り出した。


それに伴走するかのように、半分の高さになった機動ロボがついてくる。


逃げ出した子どもを捕まえようとする大人のように、両腕を広げたロボットが、ゆっくりと近づいてくる。


そのロボットに抱きつくように、俺はしがみつく。


ロボットは俺たちを決して傷つけることのないよう、機能を停止して完全な受け身になる。


動きをとめたその隙に、俺はまた走り出し、ロボットたちも追いかけっこを再開する。


完璧なまでに、移動速度を一致させたロボットから、アームが伸びた。


「ヘラルド!」


ニールが何かをこちらへ突き飛ばした。


それは悲鳴をあげて地面に倒れる。


俺は彼女に駆け寄った。


「ルーシー!」


ルーシーを認識した機動ロボは、緊急停止信号を受けて、その動作を停止させる。


「ヘラルド、こっちだ」


ニールは倒れたルーシーの腕をつかむと、彼女を引きずりあげる。


「どこへ行くんだ」


「ジャンを助ける」


切れた口の端から血を流し、ジャンは人工芝の上にうずくまっていた。


その周囲を、ぐるりと機動ロボが取り囲む。


ディーノはその中心に立っていた。


ニールはルーシーを、背後から一体のロボットにぶつける。


ガクンという音を立てて、機能を停止したロボットは、ただの金属の塊と化した。


そのルーシーを、すぐに隣のロボットめがけて突き飛ばす。


「ルーシー!」


全てのロボットが、動きを止めた。


ニールが彼女の腕をつかむより早く、ディーノがその手を引き寄せる。


「何をやってる!」


ニールはそのまま、二人に体をぶつけた。


ルーシーを抱きかかえたディーノは、そのまま後方に突き飛ばされ、起立した巨大ロボにぶつかる。


傾いた機体は、隣のロボットに向かって倒れた。


「危ない!」


ディールは、ルーシーをロボットたちの外に投げ飛ばした。


うずくまったジャンの上に、一体の機体が影を落とす。


ディーノはその下にもぐり込むと、ロボットを支えた。


ニールが、ジャンを連れて外に出る。


そのディールの上に、さらにもう一体のロボットが倒れ込んだ。


物理的に、肉と骨の潰れる音が、脳内に響く。


水はけがよいはずのフィールドの上に、赤くねっとりとした液体が広がる。


空気中に広がったその成分に反応して、全てのロボットたちが緊急警報を鳴らした。


「ディーノ!」


イヴァの悲鳴が、フィールドに響く。


彼女の強拳が、ニールの顎を割った。


「やめろイヴァ! マスクをつけろ!」


天井付近から、ヴォウェンの声が聞こえる。


大きな作動音がして、競技場のエアコンが動き出した。


「鎮静ガスだ!」


甘いにおいが、気流に乗って流れ出す。


イヴァはディーノの体へ駆け寄り、俺たちはガスから逃げるように、競技場を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます