夫婦漫才てきなー

 昨日は旦那が休みだったので二人でお出かけ。移動中の車内は私にとってカラオケボックスなので全力で歌います。



私「マグロいっぱい食べたいぞー!にゃーご!にゃーごにゃーご!」


旦那「……」


私「煮干しいっぱい食べたいぞー!にゃーご!にゃーごにゃーご!」


旦那「……」


私「どうした?カノエラナちゃんの『猫の逆襲』だよ。可愛いでしょ?」


旦那「うん、可愛い」


私「何で無言無表情なの?ウチが歌うと痛い?」


旦那「ううん、そうじゃなくて。めっちゃはしゃいで全力で歌ってる女の子の隣で無表情の男がいる絵面って面白いかなって」


 え、車の中だから誰も見ませんけど?もしかして対向車の方への笑いの提供でしょうか。彼の意識高さが窺えます。



 こちらのエッセイを読んでくださってる方なら、もう既にご存知かと思いますが、私たちは結構アホな夫婦なのです。



 何かお願いごとをするときも、すんなりとはいきません。


旦那「コーヒー飲もうっと」


私「ウチも飲むー!ウチの分もお願いー!」


旦那「じゃあもっと可愛くお願いして」


私「旦那ちゃん♡ことちゃんのもお願い♡」


 必殺、上目遣い。


旦那「もっとセクシーに」


私「わたしにも、いれて」


 必殺、髪をかきあげ投げキッス。


旦那「もっとチャラ男っぽく」


私「コーヒー、いれてほしい、テキなー?感じでー」


 必殺、前髪ねじねじ。


旦那「全部乗ってくれるところ、好きだよ」


 こうしてお願いごとが通ると言うわけです。端から見るとすごいアホっぽいですが、私たちは結構楽しんでます。






 ということで、旦那を好きすぎる妻の会会員の栞屋がお送りしましたー。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます