植物界のサイコパス

 本日更新した【花言葉恋詩集】で今回はゴジアオイというお花をモチーフにしました。


 この花は、私が花言葉モチーフに童話を書いているときに旦那が教えてくれたものです。


 植物界のサイコパスと呼ばれている花なんだとか。花言葉もちょっと怖いですもんね。恋愛と遠そうな花言葉かなと思ったんですけど、ゴジアオイを使ってみたかったので無理矢理メンヘラ感を出して書いちゃいました。


 あ、私はメンヘラではないですよ。


 西野カナさんの『もっと…』と言う曲に「メールも電話も会いたいもいつも全部私からで」と言う歌詞があるのですが、これを旦那と付き合いたて頃にカラオケで歌ったら


「メールも電話も会いたいもいつも全部、俺からだけどね」


と言われたことがあるくらいですからね、ふぉっふぉっふぉっ。昔の西野カナさんの曲はあまりに女の子すぎて共感できなかったのですが、カラオケで歌ったらモテると思って歌ってました。大してモテませんでした。うっうっ。



 あ、また脱線してしまった。私はゴジアオイについて語ろうと思ってたのに、すーぐ自分の話をしちゃう。自己主張強めかよ。



 まぁ、それは置いといて。


 ゴジアオイは一日しか咲かない花だそうで、そこから【私は明日死ぬだろう】という花言葉も生まれたとのこと。


“ゴジアオイが植物界のサイコパスと呼ばれるのには理由があります。それが、茎から揮発性の油を自ら発して35~50度の気温で発火するのです。自殺する花とも呼ばれています。

ゴジアオイは自ら発火した火で周りの植物を焼いてしまうのです。ゴジアオイの種子は高温にも耐えることができます。そのため、周りの植物は焼いて範囲を広げ、自分の種で生息圏を増やすという特性を持っています。”



https://career-find.jp/archives/160064


 こちらの記事を少し引用。これだけ読んでもゴジアオイがいかにサイコパスかわかりますね。




 世の中には私の知らないことがたくさんあるなぁ、としみじみ思う栞屋であった(ちびまるこちゃんのナレーション風)


 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます