今日の栞屋は真面目だよ、の巻

 睡眠の質を高めよう作戦は僅か二日で終了しました。読書はしてます。が、スマホを見てしまうんですねぇ。


 カクヨムで最近ヨムヨムしたい作品が増えまして、夜な夜なこっそり読んではハートを連打するという迷惑行為に及ぶ始末……。申し訳ございません。あんまりうるさくしないでくれー!という方は、ぜひ教えてくださいませ。


 本日短編公開しました。『移り香』がなかなか進んでないくせに新作です。


 これは自分が鬱病になったときの実体験を基にしたフィクションです。全てが事実ではありませんが、近いものはあったと思います。あのときの気持ちを書き留めておきたいと思い、小説にしました。


 ざっと書いたので小説としてはあんまりだなぁと思いましたが、修正はせずにそのまま置いておこうと思います。


 今は仕事も辞め、薬を飲みながら月に一度の通院をしています。完治はしていませんが、だいぶ調子も良くなりました。


 カクヨムでの交流も増え、私の拙くも可愛い作品たちを読んでいただけて毎日楽しいです。


 というわけで、改めてありがとうございます。こちらのエッセイも何だかんだで四十話目。これからもどうぞよろしくお願い致します!


 たまには真面目に語る栞屋でした。またふざけたときは生温かい目で見守ってくださいね!


 



 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます